小さい子供も入れて家族で楽しめるゲームなら「リング・ディング」
家族みんなで何かしたいけど
これ、というのが思いつかない。


そんなとき、家族で楽しめるゲームがあると助かりますよね~。


うちは下が2歳で上が12歳。
「人生ゲーム」といったボードゲームは下の子が参加できないので
あぶれちゃうですよね~(^_^;)


小さな子供でも参加できて一緒に遊べそうなのないかな~
と探していたときに見つけたのがリング・ディング。



見かけもカラフルだし、遊び方も簡単そう~。


早速チェック♪


スポンサードリンク



リング・ディングって?

リング・ディングは、ドイツのボードゲームの大手
アミーゴ社が作ったボードゲーム。


用意されたゴムとカードを使って
ゴムを指につけて速さを競っていきます。

ゴムのカラフルさと、遊び方のシンプルさが特徴的。
3歳ころから遊べるということで
小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで
幅広く楽しめそうですよね~♪



遊び方は?

リング・ディングは
・ベル
・カード
・ゴム

がセットになっていて、ゲームを始める前に
ベルを真ん中に置き、そのまわりにゴムを散りばめます。
カードは良く切って絵が描いてある面を下にしてベルの横に。


遊び方はとってもかんたん。
まずカードをめくって、絵のとおりにゴムを指にはめていきます。

終わったところで中央のベルを押します。


絵のとおりに、一番早くゴムを指にはめた人が勝ち。
その人はカードを1枚ゲットすることができます。


これを繰り返して、一番早くカードを5枚ゲットしたら勝ち。


もし間違えていたらペナルティがあって
1枚カードを返すか、カードがない場合は1回休みになります。



と、口で説明してもよくわからないですね^^;
動画見つけたので見てください。





絵を見ながらその通りに色ゴムを指にはめていく
というシンプルなゲームですが
「そのとおりにする」ときは頭を使うので
家族で盛り上がる他にもこういうメリットがありますよね^^


ハロウィンやクリスマスが近いですし
外出が億劫になりやすいこれからの時期
活躍してくれそうな予感です~♪

⇒ Amazonで最安値をチェック!
⇒ 楽天市場で最安値をチェック!
⇒ ヤフーショッピングで最安値をチェック!