魚を食べてじんましんはヒスタミンが原因?ヒスタミン食中毒? 特にアレルギーでもないのに
魚や肉を食べてブツブツが出ると、ドキッとしますよね。


「え?じんましん?アレルギーでもないのに」


それって
ヒスタミン食中毒の可能性があるんですって!


食中毒が気になるこの時期
こういう話題は素通りできません><

しかも
魚は健康にいいからと
結構食べてますしね…

ヒスタミン食中毒は初耳でしたが
どんな食中毒なのか調べてみました。



スポンサードリンク





ヒスタミン食中毒について

ヒスタミンは、化学物質の一つで
アミノ酸の一種、ヒスチジンを分解する細菌によって作られます。

ヒスチジンを分解する細菌は
死んだ魚や肉につきますが

特に赤身の魚
ぶり、まぐろ、さば、かじき、あじといった赤身魚に多く存在していて
鮮度が落ちれば落ちるほどヒスタミンが増えます。

ヒスタミンというと
アレルギーを連想しますが

ヒスタミンを多く含んだ魚介類を食べると
アレルギー体質でなくても
じんましんがでることがあります。


じんましん以外にも
下痢や頭痛、腹痛といった症状がでることも。


ヒスタミン食中毒になっても
症状はそれほど続かず
6~10時間位で症状は収まりますが

まれに
呼吸困難や血圧低下といった症状を引き起こして
重症化することもあります。


症状が軽いことが多いので
「食あたりかな?」くらいで見過ごしてしまうことが多いかもしれませんね。


もしかして私もあったかも?!


食中毒を引き起こす細菌は
だいたい高熱で消滅しますが

ヒスタミン食中毒のやっかいなところは
ヒスタミンて、火を通しても壊れない、ということなんですね~。


なので
サバ缶でもヒスタミン食中毒になることだってあるわけです(;´・ω・)


これはちょっとドキッとしますね。

ツナやサバ缶は、よく食べますし
しーちゃんの離乳食に使うことだってあるし…


ヒスタミン食中毒を防ぐには

○ 新鮮な魚肉を食べる
ヒスタミンは、鮮度の悪い魚や肉に多くなるので
なるべく新鮮なものを食べるようにします。

目が澄んでいて
身は張りがあって、血合いは赤い魚が新鮮です。


あ、ちょうど新鮮な魚を見分ける目を鍛えるチャンスかも(笑)


○ 常温に長く放置しない
食品安全委員会が、過去に発生したヒスタミン食中毒を調査したところによると
食中毒が発生した食べ物は
竜田揚げや漬けおきして調理したものが3分の1を占めていたそうです。

なので
漬けおき調理や
常温に魚を置きっぱなしには
注意が必要ですね。


○ 舌にぴりっときたらやめる
ヒスタミンを多く含む食べ物は、刺激が強く
舌がピリピリとすることがあります。

「なにか違うな」と思ったら
食べるのをやめましょう。


○ 魚や肉の冷蔵や解凍には気をつける
できるだけ鮮度を保つため
保存する時は低温で冷蔵し
解凍する時は冷蔵庫内でします。



そういえば以前
シーチキンの自主回収がありましたね
(今頃思い出してるし^^;)

それって
基準値を超えるヒスタミンが検出されたから、ということでしたが
缶詰でも発生することがあるので
これは厄介ですよね。

しーちゃんの離乳食作りに
缶詰はちょっと避けることにしよっと(;・∀・)


缶詰の製造元チェックして買うというのも
忘れたくないですね。