GUGEN2014大賞受賞のおしゃぶりセンサ、どう思う? 日本最大級といわれる
ハードウエアコンテスト「GUGEN」。

GUGEN2014大賞作品は
赤ちゃんの状態や行動をキャッチし
ママに伝えてくれるというおしゃぶり

「おしゃぶりセンサ」でした。


ええ~
そんな画期的なおしゃぶりがあるの?!


ちょっとドキドキしながら
どんなおしゃぶりか、見てみたいと思います。




スポンサードリンク





おちゃぶりセンサってどんなおしゃぶり?

おしゃぶりセンサは
距離センサと遠赤外線センサを内蔵したおしゃぶり。

この2つのセンサで
赤ちゃんのおしゃぶりのパターンを分析
もうすぐ泣きそう、もうすぐ寝そう
というふうに、赤ちゃんのこれからの状態を推測して
スマホなどにメッセージを送ります。




なんかすごいですね~
ホントにわかっちゃうの?!

スマホにちゃんとメッセージまで送ってるし(笑)


赤ちゃんの行動を推測するには
赤ちゃんのおしゃぶりの吸い方について
データを収集し、パターン化したものがベースになっているのですが

おしゃぶりセンサが
「赤ちゃんラボ」の研究の延長線上で出来上がったものとわかると
なるほどな、と納得してしまいます。



おしゃぶりセンサ誕生のきっかけ

おしゃぶりセンサを開発したのは
東京大学駒場キャンパス内にある
「赤ちゃんラボ」で研究を行っている
慶応義塾大学大学院理工学研究科の尾形正泰さんと

ハードウェアやインターフェースの設計に詳しい
東京大学大学院総合文化研究科開研究室特任研究員の石井健太郎さんのおふたり。


赤ちゃんはいつごろから自分で物を考えて
コントロールできるのか、ということに興味を持ち

手足よりも発達している口だったら
その能力を知ることができるのではないかといった仮説が
おしゃぶりセンサ誕生のきっかけになったんですね~。


なんか
こういうところに目が行くというのは
さすが、赤ちゃん研究に携わっている人の視点だな、と思うのですが

そこからおしゃぶりに試行錯誤を加えながら
赤ちゃんには、(おしゃぶりを)吸ったりかんだりする
ということを発見、さらに吸い方やリズムもあることもわかり
これが赤ちゃんの行動を分析するデータベースになってるんです。


こうした研究の成果が
今回GUGEN2014に出品したおしゃぶりセンサで
みごと大賞に輝いた、というわけです。



とても
画期的、というか
これからおしゃぶりが大きく変わりそうな
きっかけを作ったおしゃぶりセンサですが

ネットではどんな反応があったのでしょうか。





わわわ

賛否両論ですね~(;・∀・)


確かに便利といえば便利ですが
必要ない、という考えがあったり
センサを内蔵したおしゃぶりを赤ちゃんに…
という不安もありますね。


それから
センサが分析するほど
赤ちゃんの行動は型にはまってるのか
という意見もありますし…


確かに言われてみればそうですよね。


私もどちらかと言うと
おしゃぶりは赤ちゃんに使わない方なので
おしゃぶりセンサが仮に発売されたとしても
使わない確率95%くらいですが


吸ったり噛んだりすることで
何かを伝えることができるというのは
とてもいい発見だと思います。


尾形さんと石井さんの
インタビュー記事を読みましたが

おしゃぶりセンサは
赤ちゃんのおしゃぶりだけじゃなくて

首から下がまひしている人など
口を使って動作を伝えることができるデバイスになる
可能性もあるわけです。


おしゃぶりセンサの製品化というと
まだまだ課題が山積みですが

「未来のふつうを実現する」という
GUGENのコンセプトにぴったりなアイデア作品だと思います。