クラシック音楽とは?他の音楽とどう違うの?
子どもたちを車に乗せて運転している時の話。


いつもラジオを聴くのですが
イマイチいい曲が流れてなかったので
チャンネルを変えていたら、クラシック音楽専用チャンネルが出てきました。

「たまにクラシック音楽を聴くのもいいね~」と
そのままにしていたら、ヤーコが


「この曲、クラシック音楽じゃないよ。
クラシック音楽は中世に作られた音楽だから」
と、言い出しました。


「へっ、こういう曲調を含めてクラシック音楽っていうんじゃない?」
「最新と言ってもまさかこれをポップミュージックとは言わないだろう」

などと
ちょっとした議論(てほどでもないけどね^^;)になり

ちょうどいい機会だから
クラシック音楽について調べてみることにしました。


ちょっと前置き長かったかな、まあいいや
次行ってみよう~♪




スポンサードリンク





クラシック音楽とは?

ウィキペディアによると、クラシック音楽は
音楽のジャンルの一つで「西洋の芸術音楽」のこと。

クラシック音楽について調べていると
なんか言葉の区分という印象が強くなりますが
音楽を言葉で定義した表現ということがよくわかります。


もうちょっと説明していきますね。


「芸術音楽」というのは
簡単に言うと昔からある音楽のことで

西洋の芸術音楽のことを「クラシック音楽」
それ以外の地域で誕生した音楽のことを
「伝統音楽」と区別されています。


クラシック音楽が誕生したのは
中世(6~15世紀)と言われています。

それが「中世西洋音楽」で
その後
ルネサンス音楽

バロック音楽

古典派音楽

ロマン派音楽

国民楽派

印象主義音楽

新古典主義音楽

近代音楽

現代音楽

と、時代別に分類されています。


近代音楽や現代音楽もクラシック音楽?!


クラシック音楽の流れをくみつつ
発展してきた音楽は、「芸術音楽」となるんですね。


現代音楽がクラシック音楽だったら
他のポップミュージックとかはどうなるの?

って、音楽に詳しくない私は疑問に思ってしまうのですが

ウィキペディアによると
クラシック音楽を含んだ「芸術音楽」と区別するため
ポピュラーミュージック、ジャズ、ロックといった音楽を
「大衆音楽」と呼んで区別しているそうです。



芸術音楽と大衆音楽の中間に
アヴァン・ポップという音楽もあるそうで


う~ん、音楽って時代とともに
複雑化していますね。


それに
いろんなジャンルの音楽が影響しあって
さらに新しい音楽が常に誕生しているわけで
こうやっていろいろと言葉分けしないと
説明しにくいかもしれませんね。


でも
中にはとらえどころのない音楽もあったりして
その言葉分け自体も難しそう~。


どれがクラシック音楽なのか大衆音楽なのか
区別は面倒くさそうなので
クラシック専用チャンネルから聴こえて来たものを
クラシックって思うことにします(かなり人任せ^^;)