地球温暖化の影響ってどのくらいあるの?気温1度上がったら…
アメリカ航空宇宙局(NASA)によると
今年は「最も暑い年」と予想されているようですが

「地球温暖化がまた進んでいるのかな…」と
憂鬱になりますよね(´Д`)ハァ…


NASAは、1951~80年4月の気温と海水温の平均値と
2016年4月の平均値を比べて
1.11度上昇を記録したことから「最も暑い年」と発表したそうですが


1度上昇と言ってもどれだけ影響があるのか
正直いってピンときませんよね。


気温が1度上がったら、地球温暖化にどう影響があるのでしょうか。




スポンサードリンク





地球温暖化から見た「1度上昇」の意味は?

地球温暖化とは、二酸化炭素(CO2)やメタン、フロンといった
「温室効果ガス」が増えすぎることによって
気温や海水の平均温度が長期的に上がること


地球の気温や海水温のことを「地球の平均気温」といいますが
「地球の平均気温」は1906年から2005年の100年間で0.74℃上昇しました。

さらに
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が作成した
第4次評価報告書 (AR4)によると
2000年から2100年の間に地球の平均気温は最大6.4度上昇する
という予測が出されています。


「今日は昨日よりも1度高いなあ」という気温の上昇と
地球温暖化で言っている1度の上昇とは違うんですね(;・∀・)

長期的に見て
地球の平均気温が1度上がってしまう。


これはどんな影響をもたらすのでしょうか。



気温が1度上がると…

今よりも温暖化が進み、地球の平均気温が1度上昇すると
まず動植物の生態に影響が出始めます。

○生態系への影響
「今日は昨日よりも暑いなあ~」という感覚でいくと
1度の違いはそう大きくないだろう、と思ってしまうのですが
その1度に左右されてしまう動植物がいるのです。

たとえばサンゴ礁は
海水温が1度上がってしまうだけで順応できなくなり
死んで「白化」が進んでしまいます。


WWFによると、気温が1~3度上昇すると
世界全体に生息する動植物の30%が絶滅の危機にさらされると
警鐘を鳴らしています。


○海面の上昇
地球の平均気温が1度上がると、南極圏や北極圏の氷河が融解し
海面が20cm上昇すると言われています。

海面が上昇すると
陸地が浸水したり海没が懸念されますし

地下水の水位が上がると
地下道がダメージを受ける可能性も出てきます。


また、海面が上昇すると
沿岸養殖といった漁業を直撃
品物不足や物価上昇など
私達の生活にも影響が出てきますね。


○異常気象
平均気温が1度違うと
熱波や洪水、豪雨、大型台風などが増え
災害による日常生活の影響や病気が懸念されます。

また
干ばつで食料や水が不足する自体も予想されます。



ざっと見てみましたが
「1度くらい…」と、軽く片付けられなくなりましたね(;´Д`)


2000年から2100年までの
平均気温の上昇予測値を見ると
ぞっとしますよね。

本当に6度も上がってしまったら
私達を取り巻く環境が大きく変わってしまいそうで
まったく想像できません!



「最も暑い年」の影には
地球温暖化があるんですね。


今まで消極的だったけど
これからはまじめに考えていかないと、と
本気で思うようになりました。