体脂肪ってそんなに悪いの?女性の理想の体脂肪率は? 「なんか最近お腹周りが…」

なかなか痩せなかったり
脂肪がつきやすくなるのを感じると
やっぱりトシを取っているということを
嫌でも感じてしまいますよね( ;∀;)


芸能人やモデルさんたちの
体脂肪率とか聞くと
本当にうらやましい!


体脂肪の落とし方について
せっせと調べていたんですが
体脂肪は落とし過ぎると健康に影響を与える
ということを発見してびっくり!


体脂肪率は
低ければ低いほどいい
なんて思ってたけど
そうではなさそうです。


ということで路線変更。

体脂肪の働きや
女性の理想的な体脂肪率について
調べてみることにしました~。




スポンサードリンク





体脂肪の働き

体脂肪は簡単に言うと
「体についている脂肪」。


この脂肪がどんな働きをしてくれるのかというと
1.細胞膜などの構成成分になる
2.エネルギーを備蓄する
3.内蔵を守る
4.体温を一定に保つ

といったことがあげられます。


体温はあって当たり前
なんて思っていたけど
脂肪のおかげで守られているんですね~( ゚д゚)


エネルギーなんて溜めなくていいよ!

と思ってしまいますが
例えば災害にあったり大病をして
栄養が思うように取れない時に
一時的に補給してくれるのが
体脂肪が溜めておいたエネルギー。


栄養がなくなってしまうと
人間は死んでしまうので
人間の体って、よく出来ていますね。



体脂肪率が低すぎるとどうなるの?

自分の体脂肪がどのくらいあるのか
という目安になるのが体脂肪率。


よく
「驚異の体脂肪率○%!」
とかいってるあれですね^^;


じゃあ、体脂肪率が低すぎるとどうなるんでしょ?


十分な体脂肪がないと
・体温が低くなる
・筋力が低下する
・女性ならホルモンのバランスが崩れる

といったことが言われています。


体脂肪がありすぎると
肥満になったり、いろいろな病気を起こすリスクが高まりますよね。


低すぎてもリスクがあるので
どっちにしても気をつけないとですね。



女性の理想的な体脂肪率は?

では、どのくらいの体脂肪率があると
健康的にいいのでしょうか。


体脂肪率の基準値は
女性と男性に分かれていますが

女性の場合23%ほどが標準です。


ヘルスケア大学のサイトによると
女性の理想的な体脂肪率は20~28%ということです。

年齢別でも詳しく紹介されているので
興味があったらチェックしてみてくださいね。


30%以上が軽度肥満
35%以上が中度肥満
40%以上が高度肥満

とされているので
30%以上にならないように気をつけたいですね。