オイルプリングは、オイルを口に含んでうがいすることなんですよね。


オイルでうがいなんて…
口の中がベタつきそうですし、ちょっと、ってなりますよね。


でも、オイルプリングは
・歯の汚れがよく取れる
・歯周病予防になる
・顔のエクササイズもついでにできる
・歯のホワイトニングも


という効果があると聞いて、

「じゃあやろう!」

とすっかり気が変わってしまいました(笑)


オイルプリングに使う油は

ココナッツオイル
オリーブオイル
えごま油
ごま油

など、植物油であればOKということなので、好きなのを選ぶことに。


私が選んだのは、ココナッツオイル。


一番身近に合って使いやすい、というのが選んだ理由です♪



それではオイルプリングのやり方と、実際にしてみた感想をお話してみたいと思います!


スポンサードリンク



ココナッツオイルを使ったオイルプリングのやり方

1.水を飲む(唾液を出すため)
2.ココナッツオイル大さじ1杯を口に入れる
3.舌を使ってオイルを溶かしながら、オイルを口全体になじませる
4.そのままくちゅくちゅと口を20分間動かす
5.ティッシュなどにオイルを吐き出す(排水溝に流すとオイルが固まるので注意!)
6.水で口をゆすぐ


やり方は簡単ですよね。

その他するときのポイントですが
◯1日1~2回
◯歯磨き前または後
◯うがいをしたオイルは飲み込まない


ということでしょうか。


オイルを20分間口の中に入れるってちょっと想像できませんが^^;


特別な道具を使うわけでもありませんし、ココナッツオイルがあればとりあえずできるので、準備にも時間がかかりませんね。


これだけ簡単ならすぐできる!


ということで早速やってみることにしました。



私のココナッツオイルでオイルプリングの体験談

オイルプリングの方法は簡単ですが、いざやってみようとすると、それまでわからなかったことに気が付きますね。



スプーンですくったココナッツオイル。




これを目の前にすると

「これを飲み込むのか (゚A゚;)ゴクリ」」と、一瞬怯んでしまいました。



脂っこいものは好きだけど、この量の油を一度に口に入れたことはなかったし、口に入れた後のことを考えると…




それではいきますよ~


いち、にの!




口に入れた瞬間、ココナッツオイルの固形が正直、気持ち悪かったです。


ココナッツオイル好きだけど、固まりはちょっと…ですね(;・∀・)


香りはいいですけどね。



でも、ココナッツオイルは溶けやすく、舌で口全体になじませていく間にすっかり液体になってしまいました。



口でくちゅくちゅの開始。




ココナッツオイル量が多かったのかな、液体になったココナッツオイルが口からはみ出しはしないかと焦ってしまいます。


理想は20分だけど、とてもとても。



初日は10分でストップしました。



オイルプリングを1週間実践してみた結果

ココナッツオイルを使ってオイルプリングを1日1回20分間、夕飯後に実践、1週間続けてみた感想です。


オイルプリングは、
・歯の汚れを落とす
・歯周病予防
・顔のエクササイズ
・歯のホワイトニング


という効果が期待できるということでしたが、


まだ1週間からかもしれませんが、あまり感じませんでした。


オイルに汚れや雑菌など混ざると、白っぽくなるといいますが、ココナッツオイルはもともと白いのでよくわからないですよね^^;

顔の表情筋は鍛えられているのかな?見た目はあまり変わってない気が(;・∀・)



でも!


オイルプリングで「これは変わった」と思うことが。


それは、唾液が前よりよく出るようになった、ということです。


その唾液も、さらさらしていて、なんかいい感じなんですよね~♪



唾液は、口内細菌を減らすなど、口内を守るために大事な存在なので、オイルプリングは、間接的だけど歯周病予防や口臭予防、ドライマウス予防といった効果が期待できるかもしれませんね。



オイルプリングを体験してみて気がついたこと

オイルを口に含んで20分間くちゅくちゅ。


言われてみると簡単だけど、やってみると気が付かないことってたくさんありました。


1.20分間邪魔されない時間帯にする

一人暮らしだったら別ですが、ことあるごとに子供から呼び出しがかかる私にとって、20分間邪魔されない、というのはとてもレア^^;


夕ごはんを食べてすぐ歯を磨いてオイルプリングしてたのですが、その20分間に子どもたちがケンカしたり、捜し物を頼まれたり、もう大変でした(汗)


オイルプリングしてる時に笑わされたこともあって、あやうく吐き出してしまいそうになりましたし^^;


なので、子どもたちが寝静まった夜とか、邪魔されない時間帯を選ぶといいですよ。


2.20分間口の中に入れられるように工夫する

大さじ1杯のオイルを口の中に入れてくちゅくちゅしていると、その間唾液も増えますし、口の中はかなりの量になります。


私も最初とても続けられないと思って、次からはまず大さじ1/2口の中に入れて10分、吐き出した後残りのオイルを口の中に入れてもう10分してみました。


それと、はじめから少し量を減らして、大さじ1弱でもやってみました。


私は大さじ1弱で20分間のほうがやりやすかったのでそれを選びましたが、20分間できるように量などを調節するといいと思います。


3.タオルを用意しておいたほうがいいかも

くちゅくちゅしているときに、時々勢い余って口からオイルが漏れてしまうことがありました。

なので、もれないように気をつけるか、タオルを近くに置いておく、タオルで口を塞ぎながらするといいかもしれません。