土用の丑の日、国産のうなぎで迷ったら三河一色うなぎがいいよ!
2016年土用の丑の日は7月30日です。


この日は言わなくてもわかりますが
暑い日を乗り切ろうと、うなぎを食べることが
恒例になっていますよね^^


ふっくらした鰻
ほかほかご飯
この2つの架け橋となる程よい甘さのタレ…


なんか想像しただけで
土用の丑の日を無視してうな重頬張りたくなるのですが(笑)



せっかくですから
この日は国産うなぎを楽しみたいですよね。


国産うなぎを通販したいけど
どこ産がいいのかな…

迷っていたらこの記事が参考になると思うので
この記事読み進めていってくださいね^^




スポンサードリンク





父の日にプレゼントした一色うなぎが大好評

実は私も国産うなぎ、どこがいいのか
父の日のプレゼント選びでいろいろと迷っていたんです。


その時に出会ったのが三河一色うなぎ
うなぎというと、静岡県浜名湖が有名ですが

愛知県西尾市一色町は
日本有数の養殖ウナギの産地なんですね。

養殖と天然を比べたら
そりゃ天然のほうがいいでしょうが

一色町では明治時代から養殖ウナギに取り組んでいて
良質のうなぎを育てる技術や環境が整っているんです。


浜名湖だとちょっと有名すぎてあれだし
三河一色うなぎは養殖の歴史が深いし

今回は三河一色うなぎにしよう!


ということで
父にうなぎの蒲焼き贈りました。
⇒こちら(楽天市場)



後日父から電話が来て
鰻をみんなで食べたそうですが

とてもふっくらして厚みがあって本当においしかった
と、うな丼を楽しんだそうです♪


私は食べてないけど、でも
こうして喜んでもらえただけでもうれしい!

いいうなぎに出会えてよかったです^^



三河一色うなぎの中でも極上がある!

大切に育ててきた鰻の中でも
極上のものが見つかるそうです。

一色うなぎを育てている職人さんは
そんな特別な鰻のことを「アオテ」と呼んでいます。

なんでもアオテが見つかる確率は
20匹中1匹だとか。


鰻職人さん、アオテ見つけた時
すごくうれしいでしょうね^^


「おおっ、いたぞ!」
みたいな(笑)


ちなみにアオテは他の鰻と違って
背中が青く、お腹が白い、そして肉質が柔らかいのが特徴。


ふっくらした鰻、食べたいですね~。


そんなアオテだけを取り扱っているのが美食市。
上質のうなぎの肉質を損なわないよう
手間ひまかけて調理、蒲焼きまたや白焼きとして
全国にお届けしています。


土用の丑の日は
ちょっと贅沢して美味しいうなぎを、と考えていたら
是非アオテを試してみてください♪


詳しくはこちら
↓↓


極上の三河一色うなぎ