年賀状に子供の写真はNG?「今年はどうしようかな」って考える 気が付かなかったんですが
子供の写真入りの年賀状って
ちょっとした論争になっているんですね。


わたしはこれまで全く気にしたことがなかったので
今年も年末年始の挨拶状は
子供の写真を載せようと思ってたのですが
ちょっと考えてしまいました。


子供氏の写真入り年賀状が好きな人もいれば
逆にイラッときてしまう人もいるとか。


なんで
子供の写真入り年賀状は嫌な気持ちにさせてしまうんだろう?


アンチ子供氏の写真入り年賀状の意見を参考にしながら
今年の年賀状の出し方を考えてみることにしました。




スポンサードリンク





子供の写真入り年賀状はココが嫌!

子供の写真入り年賀状については
今年だけじゃなくて
毎年この季節になると蒸し返される話題のよう。


わたしの周りでは
ほぼみんな子供の写真入り年賀状や
クリスマスカードを送り合うので
子供位の写真入り年賀状については問題ありません。


でも
ネットでいろいろ調べてみると
子供の写真入り年賀状に対して
否定的な意見はいろいろありますね。


子供自慢みたいでしらける
新生児の写真で「目はママに似てて…」と書かれていてもよくわからん
子供の成長していく姿には興味ない
知らない子供の写真だけ見せられてもなんとも思わない
どうせなら、子供と自分の知っている親が写っていれば…



独身時代を振り返ってみると
子供にまったくといって興味がありませんでした。


年の離れたいとこの子供の写真入り年賀状が届いても
「あ、そ」と言った感じ。


ただ
十代で子供を産んだ友達がいて
毎年子供の写真入りの年賀状を送ってくれましたが
子供のこともよく知っていたので
これは毎年楽しみでした。


でも、もし友達が
ものすごく気合入れた年賀状を送ってきたとしたら…

「なにこれ、ただの自己満足じゃん。
ここまで凝る意味がわからん、しらける( ̄・・ ̄)」

ってなったかも^^;



親も一緒に…
という意見は、ハッとさせられる意見でした。

わたしは
年をとったし
ここ何年もなりふり構わずやってきたので

そんな姿を写真に撮られるのはいやだな、って
ちょっと遠慮してたんですね^^;


でも
特に、以前は親しかったけどなかなか会えない人には
自分もこうして親になってやってるよ~
というのを伝えるのは大事なことだな、と思いました。


あと子供の写真入り年賀状に否定的な意見として
子供が欲しくてもできなくて落ち込んでる時見たくない
子供がいない自分には、あてつけにしか思えない

というのもありました。


心が狭いな~、といえばそれまでですが

気にしない・落ち込まないと思っても
どうしてもそうなってしまう場合もありますよね。


望んでも望んでも
希望通りにならないときは
どうしてもイライラしてしまうのは
すごくよくわかります。



子供の写真入り年賀状を出すときに注意することは?

子供の写真入り年賀状のココが嫌!
という意見を見てきましたが
それぞれに一理あることがわかりました。

子供の写真入り年賀状を作るとき
どうしても気合が入ってしまいますし
送るからにはいいものを、と
がんばっちゃいますよね。

その頑張りは
親になった今はとてもよく理解できますが
独身時代だったら引いてしまうということを考えれば


子供の写真入り年賀状は
送る相手によって受け取り方が
全く変わってくる、というのが現状
のようです。



子供を通して知り合った人
身内や家族ぐるみで付き合いのある友人などに
子供の写真入り年賀状を出すことは
そんなに問題無いと思います。

子供の成長を楽しみにしてくれてますし
こちらも相手の子供の成長が楽しみですからね~♪


でも反対に
独身
仕事上の付き合い
不妊治療を続けている
自分の子供を殆ど知らない

といった
知り合いや友人には
他のデザインを使った年賀状が無難といえそう。


年賀状を出す前に
相手が自分の子供の写真入り年賀状を送ったら
喜んでくれるかどうかを考えてから
決めるのがいいのではないでしょうか。



暑中見舞いや寒中見舞いなど
日本の挨拶状の基本は

普段なかなか会えない相手に対して
「そちらの様子はいかがですか?」と
相手のことを気遣うことから始まりますよね。


年賀状もそれと同じで
出す相手によって内容を使い分けるのが
相手への思いやりなのでは
ないでしょうか。


そう考えると
出す方としては
一方的に子供の写真入り年賀状を出すことはやめて
出す相手のことを考えるとを前提にしていきたいですね。