え、白髪染めでアレルギー?!危険な成分や毛染めを使う時の注意点は? 白髪増えてきたな~…


まあたくさん増えてきたら
白髪染めで染めればいいや。


なんて、軽く考えていたのですが…


白髪染めを使い続けると
アレルギーになる可能性があると聞いてびっくりΣ(゚Д゚)



なんでも毛染めには
アレルギーを引き起こすといわれる
危険な成分が入っているとか。


いづれは使うことになるであろう白髪染めの危険性と
使う時の注意点について調べてみました。




スポンサードリンク





実は多かった毛染めアレルギー

消費者安全調査委員会が2015年10月に発表した報告書によると
毛染めやヘアカラー剤を使って
アレルギーなどの皮膚トラブルが起きたといった相談が
5年間で1,000件を超えていたそうです。


トラブルが出てもすぐにおさまる場合もあれば
中には1ヶ月以上症状に苦しんだ事例もあるとか。


毛染めアレルギーによる症状について調べると
予想以上にいろいろ出てきました!

頭皮のかぶれ、かゆみ、吹き出物は想像つくのですが
それらが頭だけじゃなくて全身に広がったり

抜け毛、浸出液のにじみ、頭皮の痛み

さらには
動機、息切れ、めまい、嘔吐といった
アナフィラキシーショック症状が出ることも!


毛染めにはここまでリスクが有るなんて
今までこれっぽっちも思っていませんでした(;´Д`)

kezomerisk
出典


初めは単なる痒みだったのに
毛染めを使い続けていったら
顔まで真っ赤に腫れてしまった
という事例があるように

使い続けていくと
重症化するおそれがあるのも
毛染めアレルギーの特徴です。


う~ん、本気で怖い。



アレルギーの原因は酸化染毛剤

毛染めがアレルギーの原因になると言われているのは
含まれている酸化染毛剤によるもの、と
消費者安全調査委員会は指摘しています。


酸化染毛剤には酸化染料が使われていますが
これがクセモノ。

主な酸化染料は
パラフェニレンジアミン
メタアミノフェノール
パラアミノフェノール
トルエン-2
5-ジアミン
ですが

これらの酸化染料は
髪の毛の内部にまで成分を浸透させ染色
そうすることによって染色を定着させています。


なので
髪の毛を染めるのに欠かせない成分なんですが
たとえば頭皮に傷がついていたり、炎症を起こしていると
成分が皮膚にも浸透してしまうので
そこからアレルギーを発症しやすくなるんですね。


また
その時の体調や体質などでアレルギーになってしまうこともあるので
「アレルギー体質じゃないから♪」と
すっかり安心している場合ではないです(;´∀`)


毛染めはどうやって選ぶ?

消費者安全調査委員会の調査では
自宅で毛染めをした場合と
理美容院でした場合で皮膚の異常を感じたケースは
ほぼ変わりがなかったそうです。


また
日本ヘアカラー工業会によると
アレルギー予防の最善策は
毛染めをする前にかならずセルフテストをすること。

使う48時間前に
ヘアカラー剤の一部を腕の内側などに塗って
赤みなど出るかどうか様子を見ます。

その日の体調によっても変わるので
毎回するのが効果的。


セルフテストが大事なんですね。

だったら
毛染めは自宅でするのが便利かもしれません。

もし美容院だったら
事情を話してセルフテストを受けさせてもらうとか。



アレルギーは一度発症したら繰り返すといいますが
毛染めアレルギーも同じ。


使う毛染め剤はよく原料を確かめたり
何か異常を感じたら医療機関で受診するのも
覚えておきたいですよね。