下肢静脈瘤は治らないの?産後の予防法は?
しーちゃんを妊娠している時に
太ももの裏側に、大きな下肢静脈瘤ができました。


産後何事もなかったように消えた下肢静脈瘤ですが
最近下肢静脈瘤についての記事を見てびっくり(・o・)


下肢静脈瘤って
一度出来たら治らない、ということなんです( ̄□ ̄;)!!



下肢静脈瘤は、血管がミミズのように浮き出るのですぐわかりますが
そんな症状が出ない潜在的な患者も含めて1,000万人と推定されているとか。


下肢静脈瘤の予防法について調べてみました。




スポンサードリンク





下肢静脈瘤は治らない?

下肢静脈瘤が起こるのは
静脈内にある逆流防止弁が壊れて
血液が逆流、静脈が膨らんでしまうことが原因。


この一度壊れた静脈弁は治らないの?


ネットで調べまくってみましたが
自然に治すことができない、ということなんです_| ̄|○


なので下肢静脈瘤の治療は
「レーザー治療」「高位結紮術」「ストリッピング手術」といった
施術が必要になってきます。



下肢静脈瘤は一度出来たら
待っていても治らないんですね…


では
妊娠で一時的にできた下肢静脈瘤どうなんでしょうか。


妊娠中は下肢静脈瘤になりやすい

妊娠してお腹が大きくなっていくにつ入れて
お腹が大静脈といった血管を圧迫します。

そうすると
心臓に戻ろうとする静脈に圧力がすごくかかってくるんですね。


加えて妊娠中は女性ホルモンが普段よりたくさん分泌されて
血管が柔らかくなっているので

弁が壊れやすくなっているんです。


妊娠中に下肢静脈瘤が出来やすいのはこういう理由があるんですね。



妊娠中に下肢静脈瘤ができても
産後消える場合が多いです。


痕が残らないほどきれいになったら
逆流が一時的なものだったということで
普段通りに生活してもいいと思います。


でも
症状が続いたり
足のだるさ、疲れがなかなか取れないということでしたら

下肢静脈瘤の専門家のいる医療機関や
血液外科などを受診してエコー検査を受けると
状態がわかるということです。



下肢静脈瘤の予防はどうする?

下肢静脈瘤は血管がボコボコ浮き出たり
足が疲れやすい、皮膚がかゆくなるといった
不快感が出てくるので

できれば発症したくないですよね><


それに
妊娠で一時的にしても下肢静脈瘤が出たし
これからまた出る可能性もあるので
予防策探してみました!

【下肢静脈瘤の予防】

弾性ストッキングを履く

スクワット、ウォーキングなどでふくらはぎを鍛える

長時間同じ姿勢でいない(立ちっぱなし、正座には注意)

砂糖や脂質、塩分のとり過ぎに注意する

日常生活にストレッチなど柔軟運動を取り入れる

体重管理をする

適度に水分を取る(1日1.5リットルほどの水)

入浴後や夜寝る前にリンパマッサージをする




弾性ストッキングは適度な圧力がかかって血流を良くするということで
妊娠中にも着用を勧められました
特に、飛行機に乗ってエコノミー症候群になるのを予防すると言われてるんですよね。


その他には
やっぱり食事や適度な運動が
ポイントになりそうですね。


下肢静脈瘤の予防は
産後の運動不足解消にもつながりそうですね。


ちょうどいい機械だから
日頃のせいかつちょっと見なおしてみようかな^^;