ごぼう茶はみんな一緒?!南雲先生監修のごぼう茶飲んでから決めたいな ごぼう茶好きです。

あの独特の苦味と香ばしい香りが
なんとも癖になるんですよね~。


実家から送ってくるごぼう茶は
送ってくるたびに違うもので
特別問題はないのですが…


どうせ飲むなら
やっぱりごぼう茶の元祖とも言える
南雲吉則先生監修のごぼう茶飲みたいですよね?



私もそう思って
南雲先生が監修したというごぼう茶
探してみました~。




スポンサードリンク





あじかんの「ごぼう茶」

南雲先生が監修したというごぼう茶は
「あじかん焙煎ごぼう茶」。
⇒あじかん焙煎ごぼう茶の公式サイトへ


このごぼう茶に使われているゴボウは
南雲先生が「ゴボウ博士」となるきっかけになった
山崎農園で栽培されたごぼう。


独自の栽培方法で育てられたゴボウを使っているということですが
ゴボウに大きなこだわりを持つ南雲先生お墨付きのゴボウですから
味の面でも安全の面でも安心できそうですよね。


あじかんでは
そのゴボウをまるごと使い
独自製法でじっくり焙煎。

他のごぼう茶では味わえない
元祖ごぼう茶の味が出ているんですね~。


お茶は美味しいのに限る、ということで
ごぼう茶本来の栄養価について忘れてしまいそうですが


アジカンのごぼう茶は
ごぼうの皮から芯まですべて使っているので

ただ美味しいだけじゃなくて
ゴボウの栄養も一緒にゴクゴクいけそう~♪



南雲先生が監修したごぼう茶を
飲んでみたいな~、とずっと思っていて
飲まずじまいでしたが


ごぼう茶を語るなら(?)
やっぱりあじかんのごぼう茶を飲まずして、ですよね。


早速注文して飲んでみたいな、と思います!



あじかんの公式サイトはこちらです。
↓↓
あじかん焙煎ごぼう茶 えっ、驚きの60歳!南雲先生が大絶賛のあじかん健康茶