どんな症状がエコノミークラス症候群?予防するにはどうするのが一番? 熊本地震で、エコノミークラス症候群を発症するケースが相次ぎ
亡くなられた方もでました。


これ以上被害が広がらないで欲しい
と願うばかりですが
エコノミークラス症候群とは
飛行機の中のように長時間同じ姿勢で座り続けたりすると
血栓ができて様々な症状を引き起こす疾患。



熊本地震の場合
車中泊が原因と考えられていますが
今回が初めて、というわけではなく

2004年に発生した新潟県中越地震でも
同じようにエコノミークラス症候群で亡くなる方が
たくさんいらっしゃったそうですね。


エコノミークラス症候群の症状や予防方法について
調べてみました。




スポンサードリンク





エコノミークラス症候群の症状

エコノミークラス症候群の主な症状は
・しびれ
・むくみ
・脱水症状
・皮膚の色が変わる
・皮膚の炎症
・呼吸困難
・動悸
・失神
・チアノーゼ
・冷や汗

といったものがあります。

血栓ができる部分によっても症状が変わるのですが
特に血栓が肺の血管をつまらせると肺塞栓症になり
呼吸困難や失神など、命に関わる症状が現れるので
特に注意が必要です。


血栓はできるとそこにとどまらないで
血液の流れに乗って体に回ってしまうんですね。

それが肺に達してしまったりして
症状を深刻にしているんですね。


怖いな。



エコノミー症候群を予防するには?

ところで、エコノミークラス症候群は
飛行機の機内のように乾燥した場所で気圧が低い時に起こりやすいです。

なぜ地上に駐車している車の中でも
起きやすくなっているのでしょうか。


車内泊をしている場合
車のシートに座ってじっとしていると
飛行機内と同じような環境が生まれてしまうからです。


じっとしていることに加え
トイレに行きたくないと
ついつい飲み物も我慢してしまう。

これもエコノミークラス症候群のリスクを
高めてしまうんですね。


中越地震の時
3日以上車中泊をした避難者さんの3割から
血栓が見つかったそうで

3日以上連泊すると
エコノミークラス症候群にかかるリスクが高くなると言われています。


また
・40歳以上
・肥満
・糖尿病にかかっている
・タバコを吸う
・妊婦や出産後の女性
・下肢静脈瘤を持っている
・高血圧
・過去に脳梗塞や心筋梗塞を起こしたことがある

といった人がかかりやすいと言われているので
「思い当たるな」と思ったら、特に予防は欠かさないようにしましょう。


エコノミークラス症候群の具体的な予防策は
1.1時間に1回の割合で足首を回す
2.水分補給を十分にする
3.定期的に背を伸ばしたり深呼吸をする
4.弾性ストッキングを履く
5.首を回す、足のマッサージをする


です。

弾性ストッキングが手に入りにくかったら
ハンドルの上に足を上げても違います。

とにかく同じ姿勢を続けないように
ちょこちょこでいいので体を動かしたり
マッサージやツボ押しするといいでしょう。



私は妊娠中に飛行機に乗った時
「エコノミークラス症候群だけは気をつけて」と
ミッドワイフにきつく言われたことがありますが

まさか死にかかわる重大な病気とは考えていませんでした。


「自分は大丈夫だろう」と思っていたけど
そんなことはないですね(;´Д`)

ずーっと同じ姿勢で座っていたら
誰がなってもおかしくないです。


普段の生活でも
ずーっと座り続けてることってありますよね。


「ちょっと同じ姿勢続けてるな」と思ったら
ちょっと体を動かしたり水分をとったり
気をつけていきたいですね。