え、シリコンハイドロゲルレンズって新種が登場してたの?!洗浄液使ったほうがいい?
レーシック手術を受ける人が激減しているそうですね。


手術が保険適用外や過去に角膜感染症といった
集団感染が起きたことが原因ということですが
その他にもメガネブームやシリコンハイドロゲルレンズの登場
というのも背景にあるそうです…


って、シリコンハイドロゲルレンズって何?


私自身コンタクトレンズを使ってるので
いつの間にかコンタクトレンズに革命が!


と、ちょっとオーバーかもしれませんが^^;


シリコンハイドロゲルレンズの特徴や
洗浄液の選び方など使う時の注意点など調べてみました♪




スポンサードリンク





シリコンハイドロゲルレンズって?

シリコンハイドロゲルレンズとは
「親水性ゲルにシリコーンを結びつけたゲル」のことで
ソフトコンタクトレンズの新素材として使われています。


これまでのソフトコンタクトレンズはハイドロゲルレンズで
それに比べると、シリコンハイドロゲルレンズは
酸素の透過性が格段にアップ

目により酸素を多く運べることによって
・目の充血
・感染症
・角膜内皮細胞傷害
・角膜血管新生

といった症状を抑制することが期待されています。


普段何気なく使っていたコンタクトレンズに
そんな劇的な変化があったとは。


ところで私が使ってるコンタクトレンズは
シリコンハイドロゲル?


現在使っているコンタクトレンズは
アキュビューオアシス。

調べてみたら
おお、シリコンハイドロゲルレンズでした♪


ちなみにアキュビューオアシスの他に
2週間使い捨てタイプのシリコンハイドロゲルレンズは

・アキュビューアドバンス(ジョンソン&ジョンソン)
・メニコン2ウィークプレミオ(メニコン)
・エアオプティクスアクア(アルコン)
・メダリストプレミア(ボシュロム・ジャパン)
・O2オプティクス(チバビジョン)
・エアオプティクス(チバビジョン)

などがあります。



シリコンハイドロゲルの洗浄液はしっかり選ぼう!理由は?

前よりずっとソフトコンタクトレンズの質が向上した
シリコンハイドロゲルレンズですが
取扱には気をつける点があります。

1.脂質がつきやすい
シリコンハイドロゲルレンズは、タンパク質の汚れは落としやすいけど
メイクやスキンケアなど、脂質の汚れは落としにくいんだそうです。

あ、そういえば
レンズつけててなぜか真っ白になって
よく見えなくなることがありました!

2.ハイドロゲルレンズより繊細
というか、それまで使えていた洗浄液で
汚れがよく落ちなかったり、場合によっては変形してしまう場合もあるようです。

ソフトコンタクトレンズの洗浄と保存は
マルチパーパスソリューションを使う場合が多いですが(私もそう)
洗浄力が弱いとレンズに汚れが残り
角膜ステイニングなど目の病気を引き起こす場合があるとか。


ゲゲゲ ( ̄□ ̄;)!!


洗浄液はなんでもいい、というわけではないんですね。

ちなみに今焦って自分の使ってるソリューション調べてみました。


私が使ってるのは
Tescoの「All-in-one contactlens solution」。

マルチパーパスソリューションですが
シリコンハイドロゲルレンズにも対応と書いてあるので
とりあえずセーフかな(;・∀・)


でも、それだけではレンズの汚れを落とすのが難しい時もあるので
洗浄液も併用していきたいと思います。


シリコンハイドロゲルレンズの選び方・洗浄液の選び方

シリコンハイドロゲル選び方ポイント
シリコンハイドロゲルレンズの中でもプラズマコーティング加工をされているものは
脂質汚れがつきにくいと言われています。

イクをする機会が多く、脂質汚れが気になる場合は
プラズマコーティング処理されているものを選ぶといいでしょう。


○洗浄剤選び方ポイント
・シリコンハイドロゲルレンズに対応しているかどうかチェックします
・「ケムセプトFR」など、使用不可とされているものは使わない

こちらの記事
ハイドロゲルレンズと相性の良い洗浄剤の種類が紹介されています。

無難なところで言うと
オプティフリーやミラフローということですが

ハイドロゲルレンズのメーカーによっても相性が合う・合わないがあるので
迷ったら、眼科医や専門家に相談するのがいいですね。



レーシックのニュースを知らなかったら
レンズはこれからもテキトーにケアしていたと思います。


あ~、気がついてよかったε-(´∀`*)ホッ



近視といえども大事な目ですからね。


トラブルが起きないように
予防していきたいですね~。