コーヒーにバターを入れてダイエット?!本当に痩せるの? コーヒ好きです。

子どもの成長の次に好きなのが
コーヒーを飲むことというくらい(笑)


毎日飲んでますよ
2~3杯は。

だから
コーヒーでダイエットできるなんて嬉しい!


飲むだけですからね~^^v



でも
バターとコーヒーって
どっちもダイエットから遠いような気がするのですが^^;


本当に痩せるの?
その根拠ってあるの?


「バターコーヒー」について
調べてみました。




スポンサードリンク





バターコーヒー発案者は大幅な減量に成功!

バターコーヒーは
その名前の通り
バターを入れたコーヒーのことです。

バターコーヒーの発案者さんは
デイヴ・アスプリー(Dave Asprey)さんという
シリコンバレーのIT起業家。


バターコーヒーを飲み続けた所
150kgあった体重が100kgにまで落ち
IQも20ほど挙がったと
自分自身でバターコーヒーにダイエット効果があることを証明してしまいました。

本も出してらっしゃるようです。


さらに
デイヴさん自らバターコーヒーを作っている動画を見つけました。


英語圏では「Bulletproof Coffee」と呼ばれているんですね。

え、ちょっとこの名前
商標になってるの?!

Tシャツにロゴが入っているし
使っているコーヒー豆はオリジナルだし。


さすが起業家というか
商売に結びつけるのが早い^^;


バターコーヒーの作り方

動画では、デイヴさんがプロデュースしているコーヒー豆と
グラスフェッドバター
それから「ブレインオクタン」という
これもデイヴさんがプロデュースしているオイルを使っていました。

でも、調べてみると
・オーガニックなど良質のコーヒー豆でいれたコーヒー カップ1杯
・ココナッツオイル 大さじ1杯
・無塩のグラスフェッドバター 大さじ1杯

で、できるそうです。

淹れたてのコーヒーに
オイルとグラスフェッドバターを入れ
ブレンダーで20秒ほど撹拌するだけ。

撹拌するのは
バターが分解されてダイエット効果を上げるためということです。

このバターコーヒーを朝食代わりにに2杯飲む
というのがオススメだとか。



ポイントは無塩のグラスフェッドバター

バターコーヒーは簡単に作れますが
ダイエット効果を引き上げるポイントは
使うバターにあります。

良質のバターには
不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて
悪玉コレステロールを抑える働きがあります。

放牧飼育で育てられた牛からできる
グラスフェッドバターは
その不飽和脂肪酸を多く含む良質のバターなんです。


それから
バターは腹持ちがいいので
バターコーヒーを朝食代わりに飲んでも
お昼ごろまでお腹が持つということで

空腹が問題になるダイエットには
向いているんですね。



グラスフェッドバターは初耳ですが
日本でも手に入るようです。
⇒楽天市場でグラスフェッドバターをチェック


バターコーヒーでダイエットを成功させるには
材料をしっかり選ぶことがポイントですね~。



バターコーヒーでダイエット、気をつける点は?

コーヒー好きだし
バターを入れるだけでいいなら毎日でも続けたい

私もそう思ってわくわくしながら
バターコーヒーについて調べていましたが

「バターコーヒーはいいアイデアとはいえないな」
という記事に出会い、ブレーキがかかりました。

その記事によると
バターコーヒーがいただけない理由は
1.朝食がバターコーヒーだけでは栄養が不足する
2.不飽和脂肪酸(特にオメガ6系)も摂り過ぎると体に悪影響を及ぼす
3.バターコーヒーとコレステロール値の上昇に関係はないと言い切れない

そう言われてみればそうだ、と
納得してしまう内容でしたが

バターコーヒーを飲むときは
意識的にほかから脂分の摂取を減らしたり
栄養のバランスを考える必要がありますね。


常日頃摂りたい油は
オメガ3系の脂肪酸なので
バターの代わりに亜麻仁油とか垂らしたほうがよかったりして^^;


まあそうすると
わざわざコーヒーに油を入れなくてもいいのでは?

という気もしないでもないですが

バターコーヒー
どんな味になるのか1度は試してみたいです。