ベビーフードダイエットって…そもそもダイエット向きの食べ物?
ベビーフードダイエットがテレビで放送されてから、「赤ちゃんの食べ物を奪うな」と、ネットで批判の声が相次いでいます。

実際に、放送後品薄になって欲しいベビーフードが手に入らない状況に遭遇された人もいますし
買い占めしたものの、「まずいから捨てる」といった声を聞くと、ベビーフードダイエット反対に傾きますね~。


赤ちゃんは大人と同じような固さや味付けのものは食べれませんし、食べ物も限られてきます。


外出したときには必需品!

うっかり忘れてお店に駆け込んで買う時もあります。


その時品薄で手に入れることができなかったら…


でも、そもそもベビーフードってダイエット向けの食べ物なのかな?


スポンサードリンク



ベビーフードダイエットって?

ベビーフードダイエットは、ベビーフードで食事制限をして痩せることを目的にしたダイエット方法。


テレビで放送されてぱ~っと広がりましたが、考案したのはトレーシー・メソッドでおなじみの、トレーシー・アンダーソン。

・3食のうち1食は栄養のバランスが取れた食事(量は少なめ)、2食はベビーフードに置き換える
・お腹が空いたらベビーフードを食べてもいいけど1日14個まで


といったルールがあるようです。


海外のセレブでもベビーフードダイエットを実践して成功しているようですし、テレビで紹介されたときも、ベビーフードダイエットを実践した春香クリスティーンさんは、1週間で約3キロのダイエットに成功したそうですね。


効果があるようですが、そもそもベビーフードってダイエット食に向いてるの?


ベビーフードをダイエットに使うのはなぜ?

ベビーフードは
・1個あたりのカロリーが少ない
・栄養のバランスが取れている
・塩分が控えめ

という点が、ダイエット向きと言われています。


でも、本当にそうでしょうか。


そもそもベビーフードは大人と同じような食事ができない赤ちゃん向けに作られたもの。

赤ちゃんが食べてもOKなくらい味は薄いですし、食材は柔らかめなので噛みごたえがなく、食べ続けたら咀嚼力どうなっちゃうの?

それに、食物繊維の不足など、大人が必要な栄養素が、ベビーフードから摂れるというのには疑問が残ります。


ちょっと前の話になりますが、英国栄養士協会が(BDA)毎年発表している「してはいけないセレブティのダイエット」の2012年版に、このベビーフードが選ばれました(第5位)。


その理由として、ピューレ状の野菜や果物からは十分な食物繊維が得られないこと、噛みごたえがないので満腹感を得にくいことなどが挙げられています。


あと、ベビーフードは決して安くはありませんし、買って味があわなくて食べられない、となればゴミ箱行き。
経済的にもネックな部分がありますね。


ということで、ベビーフードはダイエット向きの食品、とは言いにくいと思います。


「大人と赤ちゃんの食べるものは同じ」という意見もありますが、違うからこそベビーフードがあるのではないでしょうか。



個人的には、ベビーフードは赤ちゃんに譲って、ダイエットするなら他の方法を選んだほうがいいと思います。


ダイエット専用フードが出れば一番いいのになって思います。