子どもの日焼け止めクリーム選び(日常生活)!ポイントは塗り方や成分? 暖かくて外でも過ごしやすいいい季節ですが
気になるのが紫外線ですよね~。


子どもたちの通う学校から
日焼け止めクリームを常備するように言われて
日常生活向けの日焼け止めクリームを探すことに。


日焼け止めクリームには
SPF50とか「PA++」といった数値があって
いちおうそれが何だかというのはわかってるのですが

いろんな数値の組み合わせがあるし
クリームやジェル
それからスプレータイプのものもあったりして


何を選んだらいいかわからな~いヽ(`Д´)ノウワァァァン. !



SPF50がやたら目立つのですが
これだと肌に負担かかり過ぎない?


ひょっとしたら
最近のはそんなことがなかったり?


ということで
もう一度日焼け止めクリームについて見直しながら
子どもの日焼け止めクリームを選んでみようと思います。


ポイントはやっぱり
塗り方や成分なのかな~。




スポンサードリンク





日焼け止めクリームのSPAやPAって?

日焼け止めクリームには必ずと言っていいほど
「SPF」や「PA」の表示がありますよね。

これは、紫外線の種類別にカットする指数を
それぞれ表しているんです。


紫外線には
UVC、UVB、UVAというふうに、3種類あり
そのうち地上に届くと言われているのがUVBとUVA。

浴びると肌が赤くなるUVBをカットするのがSPFで
シミやくすみの原因になるUVAをカットするのがPA。


日焼け止めクリームを見ると
SPF30というふうに、数字が続きますが
数字が低ければ低いほど、カット力が低くなります。
ちなみにSPFの最高値は50+。


一方のPAですが
PA++というふうに、+の数でカット力が変わってきます。
+の数が多いほうがカット力がある、ということですね♪

PAの最高値は、PA++++です。


日焼け止めクリームは数値が高いほうがいい?

SPF50+でPA++++の日焼け止めクリームのほうが
SPF15でPA++のものよりも紫外線カット力が上です。

なので
カット力の高い方を選んだほうがいいのかな、と思いがちですが
カット力の高いものは

テクスチャーが重い
白浮きする
肌に負担がかかりやすく、肌荒れの原因になる

といった使いにくい面もあるんですね~。


日差しの強いところに旅行に出かけたり
1日中外に出ているというなら別ですが

日常生活の紫外線対策だったら
SPFは30くらい
PAは++程度で十分なので

普通はこれを目安にして
日焼け止めクリームを選ぶといいかも。

もし、BUVの影響を受けやすく
「うちの子、すぐに肌赤くなっちゃうのよね~」という場合は

ちょっとSPFの高いものを使うといいと思いますが
使用前にパッチテストをして、肌に合うかどうかみてみましょう。

パッチテストは、腕の裏側など
目立たないところに日焼け止めを塗って
2日間様子を見てみます。



日焼け止めクリームを選ぶポイントは?

SPFとPAから、日焼け止めクリームを選ぶポイントについてお話しましたが
日焼け止めクリームを選ぶポイントはそれだけではありません。

成分

紫外線を防ぐために
日焼け止めクリームでは
紫外線撹乱剤または紫外線吸収剤が使われています。

紫外線撹乱剤は、紫外線吸収剤に比べ
白浮きしがちで伸びがいまいち、という点があるのですが

肌に負担をかけず紫外線をカットし
しかも二酸化チタンや酸化亜鉛といった
ファンデーションなどに使われる白色顔料を使っているため

肌への負担がかからない、という特徴があります。


最近では
技術が発達して、できるだけ白浮きしないような日焼け止めクリームも登場していますし

子どもだから
ちょっとの白浮きは気にしないだろうし^^;


日焼け止めクリームを選ぶ判断材料になりそうですね。


塗り方

「1平方センチメートル当たり2mg」って聞いたことないですか?

これは日焼け止めクリームをこれだけ塗った時のSPFとPAの値になるんです。


なので
日焼け止めクリームに表示されている数値は
日焼け止めを「1平方センチメートル当たり2mg」塗った時の効果
ということなんですね~。


日焼け止めクリームの効果を発揮しようとしたら
たっぷり塗るというのは、とても大事かも
(といっても普通はそこまで塗ってないことが多いですけど…)。


でも、どんなにたっぷり塗っても
外に1日中いれば汗をかいたりして

日焼け止めクリームが落ちてしまいますし
そうなると日焼け止めの効果も半減してしまいます。

汗をかいたり顔を拭いたりすると
ムラが出来きて、日焼け止めの薄いところが焼けてしまう
ということもありますね。


そうなんですよね~
塗り方だけじゃなくて、塗る頻度も大事になってくるんです。


日焼け止めクリームは、2,3時間おきに塗り直す
というのもポイントで、そうすることによって
たとえ「1平方センチメートル当たり2mg」より薄めだったとしても
カバーできますよね。



日焼け止めクリームの成分も大事ですが
塗り方や塗る頻度も、日焼け止めクリームの効果に影響あるんですね~。


たっぷりむらなく塗ってこまめに塗る



これが日焼け止めクリームの鉄則かも。


子どもたちは
スプレー式の日焼け止めに興味を持ってるので
朝はクリームを塗って
日中学校ではスプレーで塗り直し
というのもありかな、って思ってます。

面白がって塗ってくれれば
それも塗り方や塗る頻度の課題クリアですからね(笑)
⇒ 人気の日焼け止めを楽天市場でチェック!