緑にキス…聖パトリックの祝日って、どんな行事? 聖パトリックの祝日(セントパトリックデー)は
アイルランドにキリスト教を広めた
聖パトリックを偲ぶ行事。

彼の命日の3月17日に行われます。


アイルランド独自の祝日ですが
アイルランド以外の国
イギリスやアメリカ、そして日本でも
この日を祝うパレードなどが行われ
世界的な広がりを見せています。


へえ~、これは興味深い(・∀・)



聖パトリックの祝日の特徴や
どんなお祝い方法があるのか
気になったので調べてみました。




スポンサードリンク





聖パトリックの祝日はなぜ緑?

この日はみな緑色の服や小物などを身につけたり
アメリカのシカゴ川は緑色に染められ
日本の東京タワーも緑色に輝きます。



なぜこの日は緑が使われるのか
それは、アイルランドは別名
「エメラルドグリーンの島」と言われるように
緑が豊かな国だからなんですね。


もう少し厳密に言うと
アイルランドを「エメラルドグリーンの島」と言わしめたのは
シャムロックという、クローバーやカタバミといった
葉が3枚に分かれている草。

シャムロックはアイルランドの国花にもなっていて
聖パトリックは、シャムロックの3つに分かれている葉を
「三位一体」を表していると説きました。


なるほど
だから聖パトリックの祝日は
緑色がキーカラーになってるんですね。


ちなみに
この日は緑色のものを身につけたり
アイルランドと聖パトリックを象徴する
シャムロックを胸に飾るのも習慣になっています。



伝統的な祝い方は?

シャムロックを身につけミサに行く
というのが伝統的な祝い方。

今では政府主体の盛大なフェスティバルが
ダブリンで5日間も行われているそうです!


他の国でも
祝日にちなんだパレードやイベントが行われ
緑色に身を包んだ人たちで盛り上がります。

この日のために
シカゴ川は緑色に染められますが

こうした演出も
気分を盛り上げてくれますよね^^



どんな食べ物を食べるの?

聖パトリックの休日で定着している食べ物は
コンビーフとキャベツの煮物(コンビーフアンドキャベッジ)と
緑色に染まったラガービール。



緑色のラガービール?!


ちょっと飲む気が失せそうですが
一度どんな味かトライしてみたいです。



その他にも
ネットで調べると

緑色のカプケーキやスイーツ
パンケーキなど多様化しています。


日本には抹茶があるので
抹茶スイーツを堪能する、というのもいいかもしれませんね~^^



聖パトリックの祝日にはキスがつきもの?

アイルランドでは
この日にキスをすると、どちらも幸運になるといわれているんだそうです!

なので
(知らなかったけど)聖パトリックの祝日には
キスをすることも風習の一つになってるんですね~。


そして調べてみたら
「Kiss Me, I’m Irish(キスして、私はアイルランド人)」という
ジョークも流行ってる(?!)とか。






男性のほうが喜んで女性にキスしてますよね(;´∀`)


まあ
キスして幸せな気分になれば
それが幸運を呼びそうな気もしますが

見ず知らずの人よりも
この日はこれを口実に
日ごろスキンシップが少ない
パートナーとキス、というのがいいですね。



聖パトリックの祝日というから
どれだけ厳格なんだろう、と思っていましたが
とても砕けた部分があって親しみを感じました。


今年は子どもたちやダンナと一緒に
この日をお祝いしてみようと思います^^