サンタさんのトナカイの名前!結局全部で何頭なの? クリスマスが近づいてきていますね~。

ここ最近
クリスマスソングをかけていて
大人も子どももわくわくしっぱなしですが(笑)


サンタさんのソリを引っ張っているトナカイには
名前があるんですね!


子どもたちから聞いて初めて知りましたよ。
全然知らなかった(;・∀・)



トナカイの名前調べたので
来年も忘れないように個々にメモしておきますね。




トナカイ8頭説

ウィキペディアによると
サンタクロースのそりをひくトナカイの名前が初めて出たのは
1823年に、クレメント・クラーク・ムーアという神学者が発表した
「サンタクロースがきた」という詩。

サンタクロースが自分のそりを引いている
8頭のトナカイたちに
「それ、ダッシャー(Dasher)、
それ、ダンサー(Dancer)、
それ、プランサー(Prancer)とヴィクセン(Vixen)!

行け、コメット(Comet)!
行け、キューピッド(Cupid)!
それ、ドナー(Donder)とブリッツェン(Blitzen)!」
と呼びかけている箇所があります。



トナカイ9頭説

そうか、サンタのトナカイは8頭か~。


でも、なんか納得いきませんよね?!


サンタクロースのトナカイといったら
赤鼻のトナカイ」ですよね♪


「赤鼻のトナカイ」
クリスマスソングとしてはもう定番にもなってますし。


赤鼻のトナカイは
ルドルフ(Rudolph)という名前がついていますが
ルドルフが登場したのは

8頭のトナカイのずっと後の1939年。

ロバート・L・メイの童話「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」に
8頭のトナカイの中に新たに加わったという形で登場しました。


「赤鼻のトナカイ」は
他のトナカイたちにその赤い鼻を笑われていたルドルフですが
「その大きな赤い鼻が暗い夜道を照らしてくれるから役に立つ」と
サンタクロースに言われて喜んでそりを引いた、という内容ですが


そのときの
「他のトナカイたち」が
例の8頭のトナカイなわけですね(・∀・)



トナカイ10頭説

トナカイが8頭、9頭というのはとても有名ですが

10頭いる、という説も発見しました!


赤鼻のトナカイの一説を抜き出してみますね

All of the other reindeer
used to laugh and call him names.
They never let poor Rudolph
join in any reindeer games.

この
「All of(オールオブ)」というのが
「Olive(オリーブ)」に聞こえるため

オリーブという名前のトナカイもいる!


ということなんですね~。


まあジョークですけど^^;


では動画でちょっと聴いてみましょう。

日本語版の歌詞だと
「でもその年の」の部分が「All of」の部分です(動画で37秒あたり)。




聞こえなくもないですよね?




まあ、こんなふうに
サンタクロースのそりを引くトナカイは
いろいろと言われていますが
どれを信じてもワクワクしますよね((o(´∀`)o))ワクワク


クリスマスって本当に
夢があって大好きです~♪