Red Nose Day2015!今年はゴールデンノーズも登場~ 3月13日は
イギリス恒例のRed Nose Day(レッドノーズデイ)でした。


小学校では恒例のイベントになってるのですが
あれ、去年はこんなに盛り上がったかなぁ(^^ゞ

というくらい
何日も前から
子どもたちがかなりはりきっていました。



その理由はなんとなくわかりますけどね(笑)





スポンサードリンク





Red Nose Dayとは?

レッドノーズデイは
Comic Relief(コミックリリーフ)という
イギリスの慈善団体が毎年行っている
チャリティイベントです。

コミック・リリーフは
1985年、イギリスの脚本家リチャード・カーティスと
コメディアンのレニー・ヘンリーによって設立され
スポンサーにはBBC放送やBT、セインズベリーズといった顔ぶれが並んでいます。


レッドノーズデイは1988年に開催されましたが
この日はチャリティに参加している証に
大きな”赤い鼻”を、本当の鼻につけます。

こんなかんじで
↓↓
rednoseday 出典



これがどんどん変化していって
今では赤い鼻はキャラクター化して
子どもたちの遊び心を刺激しまくってます!


2015年はどんなレッドノーズが登場したでしょうか。


バラエティ豊かなレッドノーズたち

あのシンプルな赤い鼻は
2015年、9種類のキャラになって登場!


○スーパーノーズ
rednose3

どうやらスーパーマンのノーズ版のようです。
黒いパンツがカッコイイですね(笑)


○ノーズボット
rednose5
ロボットのようです。


○スノッティ・プロフェッサー
rednose4

ノーズボットを発明したとして
世界的に有名な教授。

ノーズボットだけじゃなくて
ゴールデンノーズを作ったのも
このスノッティ・プロフェッサーだそうです。


○ストライピィ
rednose1

ストライプのパンツが
ヤーコの心を引きつけて離しません(笑)

なんか目つき悪いけどね^^;


○アストロスノート
rednose2

名前からして
宇宙飛行士と推測しますが。

実物を見ると
レッドノーズというより
ホワイトノーズに近い気が。


○スノービット
rednose6

レッドプラネットからやってきたノーズ。
大きな目が特徴的です。


○スノートドラキュラ
rednose9

鼻につけたら
かまれて血吸われそうですね^^;


○スノーテル
rednose7
海の中がすきなノーズ。


○カラテコンク
rednose8

空手で赤帯の段を持っているノーズ。
一緒にいると心強いですね。



笑いをお金に変えるというのが
コミック・リリーフのベースになってますが
ほんと、ユーモアだらけのノーズですよね。


思わず全部集めたくなるのですが
今年はノーズが全部袋に入っているので
買うときに選べないんですよ。


だから
サフィは4,5個買ったけど
全部スノートドラキュラだったし(;・∀・)



しかも
今回はスノッティ・プロフェッサーが作ったという(笑)
ゴールデンノーズがたった12個存在するということで
子どもたちはそれを引き当てるのに夢中。


こちらからすれば
いい商売アイデアだな~
と思うだけですが

子どもたちは
お気に入りのノーズをゲットするまで
何個も買うんですよね。



さて
レッドノーズデイ当日ですが
子どもたちはお気に入りのノーズを持って登校。


ずっとつけてると息苦しいので
時々ノーズをつけてはしゃいでいます。



学校では
今日最低1つジョークを言う
というのが決まっていたらしく

どんなジョークをみんなに披露したか
学校が終わった後興奮気味に教えてくれました。



ジョークとか楽しいことって
ついつい忘れがちですが
子どもたちのイキイキとした顔を見ると
大切なことなんだな~
って思えてきます。


クスッって笑うだけでも
すごく心が軽やかになりますよね^^


来年のRed Nose Dayは
私もジョークの渦に巻き込まれようと思います(笑)!