阪神淡路大震災や東北地方太平洋沖地震など
大きな災害の経験から

防災グッズは準備しておいたほうがいい
と言われています。


いざというときに必要な物というと…

あれもこれも浮かんできてしまうのですが
どんな防災グッズを用意したらいいのでしょうか。

ママや赤ちゃんの防災グッズについて
リストアップしてみました。




スポンサードリンク





赤ちゃんの防災グッズ


・紙おむつ(3日分ほど)
・飲水 1リットル
・ウエットティッシュ
・ベビーフード(瓶タイプ)
・離乳食用のスプーン
・粉ミルク(3日分)
・哺乳瓶
・バスタオル
・着替え(3日分)
・母子健康手帳
・健康保険証
・赤ちゃんの靴
・おやつ
・おもちゃ

とりあえず、ときの防災グッズです。

避難生活のことを想定すると
・タオル 数枚
・スーパーのレジ袋 数枚

といったものを準備しておくと安心かも。

タオルとレジ袋を用意するのは
紙おむつがなくなったときに
代用として簡易おむつを作るためです。

簡易おむつの作り方は⇒こちら



ママの防災グッズ

・懐中電灯
・パパ・ママ用の靴またはスリッパ
・パパ・ママ用の着替え(3日分)
・マスク
・携帯ラジオと予備の電池
・携帯電話と充電器
・おりものシート・生理用品
・貴重品(通帳や印鑑、カードなど)
・現金(お札や小銭、10円玉)
・常備薬・救急用品
・ゴミ袋・ビニール袋
・ラップ・アルミホイル
・ライター
・非常食(お菓子、ゼリー状の食品)
・水(500mlのペットボトル数本)

以上が緊急に備えた必要最低限の防災グッズです。

避難所生活のことを考えると
以下のものを「第2次持ち出しグッズ」として
用意しておきましょう。

・おんぶ紐またはベビーストリング
・ろうそく
・携帯カセットコロンロとガス
・毛布
・電池
・カイロ・熱冷却シート
・割り箸・スプーン・フォーク
・簡易食器
・簡易トイレ(60~70枚)
・洗面用具
・ドライシャンプー
・貯水用ポリタンク
・バンダナ
・タオル
・寝袋
・耳栓
・お鍋
・自転車の鍵
・自家用車のキー
・ヘッドライト
・口腔ケア用ウエットティッシュ
・革手袋
・LDEランタン
・ヘルメット
・ウエットティッシュ
・ティッシュ
・筆記用具
・布粘着テープ
・ラップ


家庭で用意しておく防災グッズ

避難所ではなく、ライフラインが止まった家で
数日間過ごさなくてはならなくなったら…

その時のための準備しておきたい防災グッズです。
・飲水(2~3リットルx7日分x家族の人数)
・非常食(レトルト食品、インスタント食品、缶詰、クラッカーなど)
・常備薬や救急用品
・衣類
・防寒具、雨具
・下着類、靴下
・毛布
・軍手
・ろうそく・マッチ
・トイレットロール
・紙おむつ(7日分ほど)
・おしりふき
・ベビーフード(瓶タイプ、7日分ほど)
・粉ミルク

緊急時、第2次持ち出しグッズの中でも
家庭で用意しておく防災グッズとして便利なものもありますが
(携帯ラジオや懐中電灯、カイロなど)
重複するので省いています。



その他に必要な防災グッズは?

必要最低限と考えられる防災グッズをリストアップしてみましたが
もし、他にも防災グッズが知りたい

または
必要な物をすぐに揃えたい、というときは


防災グッズ専門店をチェックしてみましょう。

こちらの防災・防犯用品専門サイトでは
防災・防犯用品、介護用品など常時約1万品を掲載中。

いろいろな防犯グッズをチェックしたり
防犯グッズの買い足しに役立ちそうです。


詳しくはこちら
↓↓


家族を守る。TSSP.jp



避難して両手があくのは便利ですよね。
なので、持ち出すものはリュックに入れて用意しておくといいでしょう。

おんぶ紐は緊急時のリストから外しましたが
あるといろいろと便利なので
常に持ち歩いてもいいかもしれません。


備えあれば憂いなし


防災グッズ準備の参考にしてください!