アクリルアミドは発がん物質?!野菜に多い?!どうすりゃいいの~ アクリルアミドは
野菜や食材を焼いたり揚げたりしたときに
生成される物質。


以前から発がん性物質では
と指摘されていたそうですが
今回内閣府食品安全委員会が

アクリルアミドは
「人への影響は明確ではないが、懸念がないとは言えない」
という評価書案をまとめた、ということですが


なんかまたやっかいな物質が出てきた
と言った感じですね(;・∀・)


完全に人体に影響がある、というわけではないようですが
アクリルアミドについて気になったのでまとめてみました。





スポンサードリンク





アクリルアミドとは

アクリルアミドとは
野菜といった食材に含まれる
アミノ酸の一種、アスパラギンと
ぶどう糖、果糖などの還元糖といった糖類が
120度以上で加熱された時に生成される物質です。

農林水産省のホームページによると
アクリルアミドが生成されるのは
加熱温度と食材が関係しています。

「揚げる」「炒める」という調理は
温度が120度以上になるため
アクリルアミドができる可能性が高い。

特に焦げができてしまった部分は
アクリルアミドができやすいということです。


焦げはよくない、と
昔から言われていたけど
やっぱり食べないほうがいいんですね~。


でも
お肉や焼きおにぎりの焦げって
美味しいですよね^^;


さてさて
アクリルアミドは120度以下では
ほとんど見られませんが

アクリルアミドができやすいどいうかというの
食材でも違いがあって
アスパラギン酸や糖類をよく含んでいるものは
特に注意が必要です。


アクリルアミドが多い食材は
アスパラガス、イモ類、コーヒー、麦茶用大麦、ほうじ茶など。

野菜類やイモ類を使って揚げた
スナック菓子も、他呂に含まれていることがあるそうです。


また、食材の保存状況によっても
アクリルアミドが増える場合があり
例えば低温で保存したじゃがいもを揚げたりすると
常温で保存した場合よりもアクリルアミドの量が増えるんですって。


じゃあ、アスパラやイモ類は控えめにしようかな…
という気持ちにも成るんですが

熱を加えてアクリルアミドが発生する食材というのは
ほんとうにたくさんあって
完全に避けて生活する、というと
栄養のバランスが崩れてしまう、といわれているほど。


なので一番大事なのは
調理方法に気をつける、ということですね。

・揚げ物や炒め物は時間をかけ過ぎない
・焦げないように気をつける
・「蒸す」「ゆでる」「煮る」を使った調理方法を利用する
・スナック菓子や焼き菓子を食べるときは焦げに気をつける
(この際だからダイエットも考えて
なるべく食べないようにするといいかもですね~)


おもしろいことに
アクリルアミドは熱を加えて水分が少なくなった時に発生しやすいんですね。

なので
水分を使った調理法や
炊飯器を使って炊いたごはんには
アクリルアミドはほとんど含まれていないです。

また、コーヒーや煎ったお茶は
アクリルアミドが入っている可能性がありますが
緑茶や紅茶にはほとんど含まれていないとか。

コーヒー好きだからドキッとするけど
飲み過ぎに気をつけて
たまにコーヒーの代わりにお茶や紅茶を飲むようにしようかな
と思います。

農林水産省のホームページには
アクリルアミドについて、いろいろな情報が掲載されているので
参考にしてみてくださいね。
⇒こちら