「私も食べる」
「私もする」など
やたら
ヤーコ(9歳)の真似をするサフィ(5歳)。


それがかなり気に入らないらしく
「真似するな!あっち行け!」
「もう、なんでまた真似するの?やだ、こんな妹」
と、辛辣な口調でサフィを口撃するヤーコ。


それが
叩き合いの喧嘩になる
激しく泣き叫ぶ
というふうに展開していくこともあるので
ほとほと困ってます(;´д`)トホホ…


なんか減らす方法ってあるのかな。




スポンサードリンク





「真似る」ことと「真似されるのが嫌」ということ

赤ちゃんでも
こちらが舌を出したら舌を出し返す
というふうに

真似るって
人間がもともと備わってる行動だと思うんです。


人間はみんな真似しながら育っていきますし

大人になったって
すきな芸能人の髪型やファッション
真似したくなることだってありますよね^^;


なので
真似るって
悪いことじゃないと思うし

サフィがヤーコの真似をするのも
成長の過程なんだというふうに理解しています。


そんなサフィを毛嫌いしているヤーコですが


なんでそこまで真似されるのを嫌がるのでしょうか。



「あなたが大っ嫌いだから真似しないで!」

その答えはヤーコに聞くのが一番!

ということで聞いてみました。


「嫌で嫌で嫌なの!!」


なるほど
それが理由ですか A^^;

真似されるのを嫌がる心理


じゃあ何が嫌いなんだろう?



結局
ヤーコはサフィが嫌い
だから真似されるの嫌いなんでしょうね。


経験無いですか?
真似されて嬉しい~と思ったり
別に気にならなかったり

かと思ったら
猛烈に腹たったり。


よくよく考えてみると
「その相手のことが嫌い」
だからなんですよね。


ヤーコがサフィを嫌っている理由

ヤーコがサフィのこと嫌ってる理由
なんとなく分かるんです。


実際本人に聞いてみたら
「サフィにヤキモチ焼いている」
でした。


しーちゃんが私から離れて
寝たり座っていたりすると

待ってましたとばかりに
私の膝の上を占領するサフィ。


旦那が帰ってくると
真っ先に抱っこをせがむのもサフィ。


私も旦那も
しーちゃんをのぞいてはサフィが一番下
ということで、甘えさせていますしね。


ヤーコは
自分がそうしたくても
いつもサフィに追いぬかれてしまうから
それに不満があったのでしょう。


サフィとヤーコの喧嘩をなくすには
「やめなさい!」

と注意するよりも
ヤーコの気持ちをくんであげることが
より効果的ですね、


「甘えたいときに甘えられなくて寂しかったんだね。
ヤーコは我慢しなくていいから
甘えたいときにきていいんだよ。

サフィがいたら
サフィがいなくなった時に
そっときていいよ」
と、言ってみました。



それが功を奏したのか
ヤーコは甘えてくるようになりました。


私がしっかり抱きしめてあげると
その日はサフィに優しかったりします。



といっても
やっぱり
「真似するな~!」
と、激怒する日もあり^^;


そういう時は
「ああ、この子は愛情不足を感じているんだな」と
意識してヤーコに声をかけるようにしています。


「真似するな!」
は、ヤーコの心のバロメーターですね^^;




ところで
「ぶーちゃんとおにいちゃん」という絵本があるのですが
大好きなお兄ちゃんの真似ばかりするぶーちゃんと
それを嫌がるお兄ちゃんのお話。

ぶーちゃんとおにいちゃん


リクが小さな頃から読んでいて
「ヤーコとおにいちゃん」
「サフィとヤーコねえちゃん」
というふうに

ぶーちゃんとおにいちゃんの部分を
子どもたちの名前に変えて愛読してきましたが

「真似することは悪いことじゃないし
当たり前のことなんだよ」
と、子どもに教えるのに最適な本ですよ^^


サフィが真似することに腹を立ててるヤーコに
「ぶーちゃんとおにいちゃんだよ」って言うと

「わかってるよ!」
と即答するくらいですから^^;