小学校や幼稚園の運動会や学校行事にどうしても行けない(涙)!どうしたらいい? 運動会や授業参観、発表会などなど
小学校や幼稚園では
親が参加する行事がけっこうありますよね。


私はどんな小さな行事でも
できるかぎり出るようにしています。

というのも
幼稚園の時に運動会に親が来なかったことがあり

その後の私の性格に大きく影響をあたえるほどものすごくショックを受けた過去があり
そのショックが大人になってもずっと続いたからでした。


でも
どうしても学校行事に行けない時ってありますよね?

そういうときはどうしたらいいのでしょうか。

自分が子どもの時に受けたショック体験をもとに
お話してみようと思います。



スポンサードリンク





お母さんが運動会に来なかったガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

3歳の時のことです。

幼稚園に入って
生まれて初めての運動会。


うちは両親とも学校の先生で
私の運動会の日はちょうど両親の学校の運動会でもありました。


私にはそのことを言ってなかったみたいで
私はお母さんがくるものばかりと思っていました。

ところがいつまで待っても母親どころか誰も来ない。


周りの子はみんなお母さんと一緒で楽しそう。

胸が締め付けられていくようで
だんだんと切なくなってきました。


そんなこんなしているうちに
親子ダンスの種目になって
親子ペアで輪になりました。

でも
私だけひとりぼっち。


なんでお母さん来ないんだろう…

切なくて
泣くのを必死にこらえていた時に

隣にいたクラスメイトのお母さんが
「あれ?お母さん来てないの?じゃあ一緒に踊ろうよ」
と、声をかけてくれました。

でも
その言葉をありがたいと感じることができないほど
ショックは大きく

私は下を向いてしょんぼりと立っているだけでした。


しかも
なぜか誰かがそんな私にカメラを向けて写真を撮り
恨めしそうな目でカメラを見つめている3歳の私の姿は
後々まで記念(?)に残ることになってしまいました^^;



この一件から
私はあまり笑わなくなり
いつも何か心に不満を抱えるようになって
クラスメイトをいじめたりするようにもなりました。


いわゆる
いじめっこですね(;´・ω・)


今でもはっきり覚えているのですが
あの時は
お母さんは私よりも自分の学校の生徒のほうが大事なんだ。
私は一番に愛されていないんだ

という気持ちでいっぱいでした。

そして
「一番に愛されていない」という傷は
後々まで尾を引くことになったのです。


今なら
なんで私が行けないのか
大人の事情を理解することもできますが

3歳の私にいくら説明しても無理ですよね^^;

理屈抜きでお母さんと一緒にいたいし
なぜ大人が仕事を優先しなきゃいけないのか
そんなのわかりませんからね~(;´д`)トホホ…


自分の子供達にはそういう悲しい経験をさせたくない

ということで、今はできるだけ
学校行事には顔を出すようにしているんです。



どうしても行けない!そんなときはどうする?

といっても時には
運動会や学校行事に行けないことってありますよね。

そういう時はどうすればいいのでしょうか。


家族の誰かに頼む

どうしてもダメなときは
おじいちゃんおばあちゃんに頼んでみては。

私の母親も
私の件があってから

親が行けない場合
孫の学校行事には必ず参加しています。


もちろんお母さんの代わりとまではいきませんが
馴染みのある家族の誰かが行くだけでも
子どもは大喜びしますよ。

もし
家族ぐるみでつきあっていて
子どもとも仲良くしている人がいたら
その人に頼んでもいいし

親戚でも
子どもが好きなおじさんやおばさんだったら
子どもは喜びますよね^^


子どもにしっかり愛情を伝える

私の親は
自分たちが行けなかった理由を
「自分たちの学校でも運動会があったから」と
親目線で説明するだけでした。

親の愛情を一心に受けたい子どもにとっては
理解するどころか、ショックの何者でもありません。


「お母さんは
あなたの運動会に行きたくて行きたくて仕方なかったけど
お母さんの学校でも運動会があって
そこでお手伝いしないといけないの。

お母さん、あなたの運動会行けなくて
ごめんね、本当にごめんね。
お母さんもすごく悲しいよ」

「お母さんが大好きなあなたの運動会に行けなくて
あなたを悲しませてしまって、本当にごめんね。
運動会行けなくても、お母さんあなたのこと大好きだよ」


こんなふうに
子どもを抱きしめながら愛情を伝えたら
少なくとも親に嫌われてる、なんて
私のようには感じないと思います。


フォローをしっかりと

「お母さんはいけないけど
おばあちゃんが代わりに行くからね^^」

「おじいちゃんおばあちゃんに
録画してもらうから、後で一緒に見ようね」

というふうに代案を出して
行けない時のフォローをしてみてはいかがでしょうか。


もし可能なら
担任の先生に、どうしても行けないし
代わりに行ける人間が一人もいないということを伝えて
様子を時々チェックしてもらうようお願いしてもいいと思います。




今日は
子どもたちが通う小学校で
秋の収穫祭の発表会がありました。


体育館に入ってきて
保護者席をキョロキョロみながら私を探して

私の姿を発見すると
安心したような、嬉しそうな表情を浮かべて
また前を見た子どもたちの顔が忘れられません。



これもいい思い出の一つになるな~(*´ェ`*)

子どもたちのいい思い出の一コマになってくれたらいいな
とも思いますね~。