絞扼性イレウスとは?注意したい原因や症状は? オダギリジョーさんと香椎由宇さんの
1歳になるお子さんが絞扼性(こうやくせい)イレウスで亡くなった
というニュースは、幼い子供を持つ私にとってもショックでした。

可愛い盛りで、しかも急死なんて。

お二人の心境を考えただけで
胸が締め付けられて切なくなりますし

他人ごとじゃないと思うと
ものすごく怖くもなります。


絞扼性イレウスという病気は
それまで聞いたことがなかったのですが

子どもに発生しやすい病気なのでしょうか。

イレウスになってしまった場合
どんな症状が出たり、対処の方法があるのでしょうか。
調べてみました。




スポンサードリンク





絞扼性イレウスとは?

絞扼性の「絞扼」は、締め付ける、という意味があり
イレウスは英語で言うと腸閉塞のことで(ileus)

絞扼性イレウスとは
腸が癒着してからまり、首を絞めたような状態の病気のことです。

ちなみに
絞扼性イレウスを英語で言うと
「strangulation ileus」。

“strangulatioin”には
「首絞め」という意味がありますが
絞扼性イレウスはまさに、腸がぎゅうっと絞られてしまった状態のことなんですね。


この状態になると
ねじれている部分に血液、体液、食べ物、ガスといった
すべてのものが流れなくなり、その部分が腐るので緊急の手術が必要になります。


聞いただけでもぞっとするのですが
なんで絞扼性イレウスが発生するのかというと
原因はいろいろあるようです。


絞扼性イレウスの原因は?

開腹手術を行ったりすると
腸の癒着が起きて、そこから腸がねじれたり折れ曲がったりして
絞扼性イレウス発症につながるケースや

先天的に腸が閉塞している場合

どちらも当てはまらず
突然発症する場合など

う~ん
こうやって原因が多岐にわたってると
予防のしようが無いですよね(汗)

特に
小さな子供で手術の経験が無かったり
何も問題なく生まれてきて、健診でも問題がなかったら…



ちょっとこちらの図をご覧ください。
絞扼性イレウスにはいくつか種類があることがわかります。
ileus
※クリックで拡大します



絞扼性イレウスは、ギュッと締め付けられるのが特徴ですが
こうやって輪のようになってる部分が壊死してしまうんですね。


と、ちょっと話がそれてしまいそうですが
絞扼性イレウスの原因についての説明を見てください(赤線部分)。


手術や腸の病気の他に
「異物の誤飲」や「消化しにくい食べ物の大量摂取」というのも
原因になるようです。

赤ちゃんや小さな子供は
大人と比べて消化機能も未発達

しかも
何でも口に入れる時期は、紙やティッシュなど
食べ物じゃないものもかじっちゃうことがあるので

もしかして?!


まあ、それがすぐ原因になる、とは言い切れませんが

何か予防策を、と考えていたら
口に入れるものに注意を払う、というのがポイントになりそうです。


絞扼性イレウスはどんな症状が出るの?

絞扼性イレウスの特徴的な症状は激しい腹痛で
その他に嘔吐や嘔吐を繰り返すといった症状も見られます。

症状が進むと
自力で歩くことが困難になり
顔色が土色のように悪くなる
呼吸困難といった症状が進み

一刻を争う状況になります。


小さい子供は
言葉で説明できないので
その様子から判断するしかないですが

ただの腹痛じゃない
吐いてばかりいる
と察知したら

すぐに病院に連れて行ったほうがいいですね。


腸が圧迫されると腸閉塞を起こしますが
絞扼性イレウスの場合は
血流障害も起こしてしまうので
手術以外に助かる方法はありません。


しかも
早急に手術しないと、腸が腐り、敗血症を起こし
死亡してしまうという、イレウスの中でも恐ろしい病気です。



子どもが絞扼性イレウスを発症させる割合は?

調べた限りですが
子どもが絞扼性イレウスを発症させる割合は
極めて低いようです。


やたらめったらかからないので安心
といきたいところなのですが

これが
絞扼性イレウスなのに見落とされる
という要因にもなってるようです。


腸重積やウイルス性胃腸炎はあっても
絞扼性イレウスは大人がかかるほうが圧倒的に多いし

激しい腹痛や嘔吐というのは
小さな子供がかかりやすい腸重積にも似ていますからね。

ましてや
手術経験のない子どもの場合は
診断が難しく、発見が遅れるケースもあるそうです。



絞扼性イレウスは
原因もいろいろあるというし

しかも診断が難しいと来ると
なんか切なくなってきますよね。

でも
絞扼性イレウスは早期発見で
適切な処置で命を救うことができますし
CT検査で見つかるので

万が一に備えて経験豊富な病院を探しておいたり
子どもの症状や医師の対応に疑問があったら
その場で解消するといった準備が必要かもしれません。


※記事をアップしたあと
あまりにも反響が多かったので
その後また調べたことを参考に記事を一部修正しました。

あと、絞扼性イレウスについてとても参考になった記事は
⇒こちら