赤ちゃんの解熱剤を使うタイミングは?目安ってあるの? 赤ちゃんが高熱を出すと
すごくびっくりするし、どうしたらいいか不安にもなりますよね。


体温計で測る度に
数値が上がっていく!

40度超えたらどうしよう
頭がおかしくなっちゃったら?!


熱を下げるために
解熱剤を使う方法もありますが
そのタイミングというのがいまいちわかりませんよね。


熱は出しきった方がいい、ともいわれるし
使う程でもない場合もあったりしますし…


う~ん(-公-`;)

と、悩んでばかりいても仕方ないので
調べてみることにしました。




スポンサードリンク





解熱剤を使うタイミングは?

熱は、体の防御反応で
体温を上げて、体内のウイルスや細菌の増殖を防いでいます。

なので
熱はむやみに下げないで出しきる
というのは的を得ている見方だと思います。


でも
高熱が出ると、体力の消耗が激しくなり
ぐったりしてしまいますよね。

解熱剤は、熱を下げて
赤ちゃんの体の負担を軽くする目的で使われるので

赤ちゃんがぐったりしていたり
食欲がなくなってつらそうにしている時が
解熱剤を使うタイミングの目安
になります。


熱が出ると言われるのは
37.5度以上ですが

38.5度以上でも
食欲があって元気にしている場合があります。


そんなときは
解熱剤を使う必要はないですが

元気がない
水分を摂りたがらない
食欲が無い
うとうとするだけで熟睡できない

というときは
解熱剤を使います。


風邪を引いたら
寝るのが一番、とよく言われますよね。

熱で寝不足になってしまっては
治る風邪も治らなくなるので

解熱剤で眠ることができれば
使わないより使ったほうがいい、と思います。



高熱が出ると脳がやられちゃう?

気がついた時から
40度以上の熱が出る=脳がおかしくなる

というふうに思っていましたが
調べてみると、そうじゃないんですね。


高熱が、脳の病気(例えば脳炎、化膿性髄膜炎など)からくるものでなければ
40度以上の熱が出ても
脳に後遺症が残るわけではないんです。


といっても
40度の熱が出ただけで
「あと、1~2度でΣ(゚д゚lll)ガーン」
と、気が気でなくなるかもしれませんが

とりあえず
赤ちゃんの様子を見ながら
解熱剤を使ったり、体を冷やしたりして
見守っていきます。


どんな解熱剤が使われるの?

小さな赤ちゃんに解熱剤
というのは抵抗がありますが

アセトアミノフェン(カロナール、アンヒバ座薬など)
イブプロフェン(プルフェンなど)

は、子どもに安全な解熱剤なので
使い方を守れば、危険視することはありません。


ちなみに
解熱剤1回の使用量は
体重1kgあたり10mgが目安。

これも覚えておくと
安心して解熱剤を使えるのではないでしょうか。


生後7,8ヶ月ころって
風邪をひいたり熱を出したりしますよね。

私もその度に心配なのですが
怖がらずに、解熱剤を上手に使って
乗り切りたいな、と思います^^



スポンサードリンク

スポンサードリンク

こんな記事も読まれてます^^

コメントをどうぞ