おたふく風邪流行の兆し?!予防接種、赤ちゃんで気をつけることは? 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)が
首都圏だけじゃなく全国的に流行する兆しを見せているそうです。

特に佐賀県では
おたふく風邪の流行発生注意報が発令されました。



おたふく風邪には予防接種あるけれど
任意接種で、まだ赤ちゃんに受けさせてない場合には
ドキッとするようなニュース。


おたふく風邪の予防接種を受けとしたら
摂取期間とか、どのくらいで免疫効果が現れるのか
などなど気になりますよね。

赤ちゃんに受けさせる場合
どんなことに気をつけたらいいでしょうか。



スポンサードリンク





おたふく風邪の予防接種について

○どんなワクチンを使うの?
おたふく風邪の予防接種は弱毒生ワクチンを使います。
接種されたワクチンウイルスは体内で増えてやがて抗体ができ
おたふく風邪に対する免疫が高められます。


○ワクチンの有効率は?
おたふく風邪のワクチンの有効率は90%前後と言われています。
接種を受けた殆どの人には抗体ができますが
逆に抗体が低下してしまったケースもあるようです。


○効果はいつごろから現れる?免疫効果の持続期間は?
ワクチン接種後だいたい2週間頃から免疫が現れます。

ワクチンの免疫効果がどれだけ続くかということですが
確実に抗体は低下していくということはわかっていても
何年で切れる、とははっきり断言できません。

といっても1,2年ですぐに切れる
というわけではありませんが。

子供の頃に受けて
成人したらもう一度
というのが目安になりそうです。

ちなみに
抗体があるかどうかは抗体検査でわかるそうですよ。


○赤ちゃんはいつごろから接種した方がいい?
1歳以降に1回接種というのが一般的です。

注意する点は
赤ちゃんのときは、いろいろと予防接種があるので
ほかの予防接種と最低4週間は間隔をあけます。

おたふく風邪は
3~6歳の頃一番かかりやすいので
できれば集団生活が始まる前に受けたほうがいいでしょう。


○ワクチンの副作用はあるの?
接種してから2~3週間後に
発熱や咳、鼻水といった、風邪に似た症状が出ることがあります。
また、耳下腺が腫れたり、嘔吐、頭痛などの症状が出ることもありますが
いずれも数日後にはおさまります。

まれですが
無菌性髄膜炎や急性血小板減少性紫斑病を発症することもあります。


○ワクチンを接種するときに注意することは?
発熱があったり、
カナマイシン、エリスロマイシンといった抗生物質にアレルギー反応がある
または何か病気にかかっている場合は
おたふく風邪の予防接種を受けることができません。




おたふく風邪は
一度かかると免疫力が高くなって
その後かかりにくくなりますが

高熱が出ますし
難聴や膵炎、脳炎といった
合併症を引き起こすこともあるので
注意が必要な病気です。


なので予防接種をしておいたほうがいいですが

予防接種と言っても
副作用が出ない確率は100%ではありませんし
成分で注意する場合もあるので


予防接種を受けるなら
事前によく医師と相談したほうがよさそうですね。