「おんぶをしすぎるとO脚になる」って
つい最近聞いてびっくりしました!

3人共おんぶして育ててきましたし
わんぱく度が増してきたしーちゃん(生後10ヶ月)にも
バリバリ使ってます。

おんぶ紐なかったら
家事ができないよ^^;


上の子みんなO脚ではないので
気にしていなかったのですが
ひょっとしたらおんぶのし過ぎはO脚になったり
何か足に悪いことがあるのかな?


気になったので調べてみました。



スポンサードリンク





おんぶで赤ちゃんがO脚になるって本当?

なんでも昔は
赤ちゃんの足を真っ直ぐにしておんぶ紐で固定していたそうです。

そうしないと
O脚になるから、というのが理由だったそう。


でも
脚を真っ直ぐにしておんぶするのは
股関節脱臼の原因になりますし

おんぶするとき
脚を真っ直ぐにしないとO脚になるというのは
何を根拠にしているのか、信ぴょう性にかけます。



現在のおんぶ紐は
赤ちゃんの足をM字型に広げてしますが
この足の状態を長時間続けるとO脚になる
と考えている人もいるようです。


確かに足を広げていると
がに股になりそうですよね^^;


月齢が低いうちだと
長時間のおんぶは股関節脱臼の原因になる可能性もありますが


赤ちゃんの脚は
もともと開いた状態なので

かえって
脚を開いたおんぶは
股関節脱臼の予防にも良い、と言われているんです。


新生児の時は抱っこ紐で抱っこし
おんぶは4ヶ月くらいからですよね。



調べた限りでは
おんぶを長時間し続けてO脚になってしまった
という体験談はなかったですし

医学的にも
長時間のおんぶ=O脚

という説はほとんどありませんでした。



月齢が低いうちは抱っこ紐
脚をM字型に広げておんぶする

を守っていれば
あまり心配することはなさそうですね。


おんぶは
赤ちゃんのお世話をしながら
家事や仕事ができますし

赤ちゃんも
ママとぴったりくっついていられるので
安心感がありますし

こちらでも
おんぶが見直されています。

おんぶはデメリットよりも
メリットのほうが強いので

なのでO脚を心配しないで
おんぶはしない、というのはなんだかもったいない気が。


もし
おんぶを続けて肩が痛くてどうしようもなかったり
赤ちゃんがおんぶを嫌がってぐずったりしたときは
休憩時なんだ、と思って赤ちゃんを下ろして一息入れましょう~♪