インフルエンザ予防接種を赤ちゃんに。いつからできる?間隔はどのくらい空けたらいいの? インフルエンザが気になる季節になりましたね。

日本では
赤ちゃんへのインフルエンザ予防接種
任意接種になっています。


赤ちゃんがインフルエンザにかかったら大変だから
受けたほうがいいなあ、よし、受けよう!


あ、でもちょっと待って。

インフルエンザ予防接種を受ける前に
気になることってありませんか?


いつから受けられるの、とか
予防接種の間隔とか
副作用とか…


ということで
赤ちゃんがインフルエンザ予防接種を受けるときに
気になることまとめてみました。



スポンサードリンク





インフルエンザ予防接種はいつから受けられるの?

インフルエンザが流行するのは12月~3月ころ。

なので
予防接種はその年の秋ごろ
遅くても12月まで
には接種するのが望ましいです。


でも
地元でインフルエンザが流行していなくて
流行前に接種しても効果があるということなので
その場合は様子を見ながら、ということになりそうですね。


インフルエンザ予防接種を受けられる赤ちゃんの年齢ですが
生後6ヶ月(満6カ月)から受けられます。


ただ
インフルエンザ予防接種を受けたからといって
100%インフルエンザが防げるかというとそうでなく

しかも
1歳未満のインフルエンザのワクチンの効果は
はっきりしていないため
予防接種は1歳を過ぎてからでも遅くはないと思います。


それまでの赤ちゃんは
家で過ごすことが多いので
赤ちゃんに予防接種するより
上の子どもや一緒に住んでる家族が
予防接種を受けたほうがいいかもしれませんね。



インフルエンザ予防接種はどのくらい間隔を空けて接種するの?

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種は2回行います。

赤ちゃんは大人と違って
ウイルスに感染したことがなく
ウイルスに対する抗体値が低いため
2度の接種が必要になってきます。


ワクチンの効果を高めるため
1度接種を受けた後次の接種までの間隔は
2~4週間


そうなると
この間隔を頭に入れながら
予防接種をいつ受けたらいいか考える必要がありますね。

1度目の予防接種は11月の初め頃受けて
次は11月の終わり頃に、といったふうに。


そしてもう一つ考える必要があるのは
他の予防接種との間隔ですよね。

インフルエンザの予防接種は
接種後1週間経ったら他の予防接種を受けることができます。

でも
BCGや麻しん風しん混合
ロタウイルス、水ぼうそう、おたふくかぜ
といった予防接種は
接種後4週間は他の予防接種を受けることができません。


他の予防接種とのスケジュールを合わせていくと
1回めと2回めのインフルエンザ予防接種の間隔が
4週間以上空いてしまうことも出てくるかもしれませんね。


そういう場合は
2度めの予防接種をできるだけ早くする、というふうにして
調節するといいでしょう。



インフルエンザの予防接種で考えられる副作用は?

インフルエンザの予防接種を受けた後
接種した部分が赤く腫れたり痛くなったりすることがあり
これはインフルエンザ予防接種の副反応です。

放っておいても2~3日すると自然に消えていきます。

その他にも
予防接種を受けた後
吐いたり発熱したりする場合もありますが
こういう症状は、副反応のときもあれば
すでに風邪にかかっていてそれが出た
という場合もあったりして判断が難しいそうです。

普通はこういう症状が出ると
副作用を考えて
2度めの接種を控えるように指導します。

まあ
次を受けるかどうか最後に決めるのは
こちらですが…


インフルエンザの副作用について
医師によって対応が違うようです。

なので
予防接種については
納得のいく説明をしてくれる
医師のところでするのがいいですね。


インフルエンザの予防接種については
その効果や副作用、ワクチンを打たなかった場合のことなど
いろいろと気になることや不安なことがたくさんあります。

ネットでもいろんな情報がありますが
やっぱり頼りになるのは医師のアドバイスなので
相談しやすい先生を選ぶことも大事だな、と思います。


と、最後は
インフルエンザの予防接種受けるかどうか
みたいな話に移っていってしまいましたが^^;


話が横道にそれたついでにもうひとつ
卵アレルギーを持ってる場合
接種をしてアレルギー反応が出ることもあるので
予防接種はしないほうがいいということです。


う~ん
こういうことも考えると
やっぱり赤ちゃんの早いうちに予防接種
というのはちょっと控えたほうがよさそうですね。


あれ
またまたインフルエンザの予防接種受けるかどうか
ということに話が続いてしまいますが


受けようかどうかにしても
受けるにしても
注意することがたくさんある
ということがよくわかりました。