別室にいて赤ちゃんが泣いたり
寝室で寝ている様子をスマホでチェックできる
オムロンのカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線」

2015年9月11日に発売になるそうです。


赤ちゃんの見守り機能を搭載した
ベビーモニターはありますが
この「家族目線」は、カメラセンサー
というのがポイントですよね。


調べてみると
「ベビーモニターもずいぶん進歩したもんだ」と
感心してしまうのですが

家族目線の特徴をチェック!!




スポンサードリンク





家族目線について

家族目線で
「おおっ」と思ったのは

センシング機能を搭載して
赤ちゃんの動作や声を自動認識すること。


オムロンのホームページによると
この検出・推定機能は
1.顔検出
2.手検出
3.人体検出
4.ペット検出
6.動体検出
7.音声検出
8.顔認識
9.性別推定
10.年齢推定
11.表情推定
12.顔向き推定
13.目つむり推定

の、13種類!


この機能が実現したのも
「OKAOR Vision」オムロン独自の画像技術によるもの。

さすが、画像認識の技術に強みを持つオムロンですよね。


しかも
家族目線は、自動認識するとそれを撮影したり
離れているママのスマホにプッシュ通知機能で知らせてくれるので

「大丈夫かなあ」と
常にスマホをチェックしている必要はないんですね。


スマホで赤ちゃんの様子をチェックするには
カメラを無線LANに接続して
家族目線が発売されると同時に提供される
専用アプリ「家族目線 赤ちゃん」をダウンロード。


赤ちゃんの笑顔や泣き声を認識して
撮影したり通知してくれる他


撮影した赤ちゃんの写真は撮りためできて
赤ちゃんの成長日記としても使えるんです♪



私が一番初め
リクが赤ちゃんの時に使ったのは
赤ちゃんの音声を拾う、音声モニターでした。

約11年前のことですが

その後
画像モニターが主流になってきて

スマホの普及で
手軽にモニターが出来るようになって


今度は
赤ちゃんの動作や声を認識する
カメラセンサーの登場。


あっという間に進歩しちゃって
ほんとうにびっくりです。


オムロンは
家族目線を
「もう一人の家族」として商品化したそうですが

そのコンセプトが
「見て」「気づいて」「知らせる」という
家族目線の機能に現れていますよね。


家族目線は、楽天市場やアマゾンで発売されるということで
発売日になったら、チェックしてみてくださいね。
⇒楽天市場でチェック!
⇒アマゾンでチェックしてみる!


☆家族目線のサイズ
・カメラセンサ部:幅70mmx奥行42mmx高さ70mm
・スタンド取付時(直立状態):幅70mmx奥行67mmx高さ147mm

カメラセンサ部の重さは100g
スタンドを取り付けた時の重さは287g