赤ちゃんの「指差し」にはどんな意味があるの?最近ではこんな発見も♪ 赤ちゃんの指差し
生後9ヶ月ころから始まります。


大人もそうですが
指差しをするときはたいてい

「あれ取って」と時が多いと思います。

まあ
うちの子なんか
足の指をつかって
「取って」というときもありますけどね^^;


さて
赤ちゃんが指差しするには
ひとつだけじゃなくて
いろんな意味があるんです!

しかも
最近ではまた新たな解釈が発見されて
かなり興味深い!!


赤ちゃんの指差しの意味を
できるだけたくさん知れば
より赤ちゃんとコミュニケーションが取れて
嬉しくなりますよね~^^


赤ちゃんの指差しの意味にはどんなものがあるか
早速見てみましょう~(・∀・)♪



スポンサードリンク





「指差し」は、赤ちゃんの意思表示

赤ちゃんが指さしを始めると
「ん?なんだろなんだろ
何が言いたいのかな~?」って
すごく気になりますよね。


これまでよく知られている解釈は
「あれ取って」
「あれ何?」
「あっちに行きたい」
「パパだ♪(知ってる人を指さす)」

それから
例えば食べ物を2つ出して
「どっちがいい?」と聞いたら
食べたい方を指さしたり

「どこにあるの?」と聞いたら
あるほうを指さしたりと

指差しで
自分の意志や欲求などを伝える
ようになるんですね~。


しーちゃんも
大きくなったら指さしするようになるんだな~

今よりずっと会話が楽しめる~((o(´∀`)o))ワクワク


なんて
今からものすごく楽しみにしてるんですが(笑)


赤ちゃんの指差しって
いろんな意味を持っているし
「相手に伝える」という行動の
成長過程を見ているようですね。


赤ちゃんの指差しの意味はまだあるゾ!

赤ちゃんの指差しは、いろいろと解釈されていますが
まだあるんですね~。


実は赤ちゃんは
指差しで人を助ける援助行動をするんです。


例えば
そこに置いたと思っていたおもちゃがなくて
困った顔をしながら赤ちゃんに「どこか知ってる?」と聞くと
あるところを指さす、といったふうに。


へえ~、すごいな、赤ちゃん!


さらに
最近明らかになったのが

赤ちゃんは教えたがり、というか
自発的に知っていることを
指差しで人に教える、ということ。

これは
九州大学の研究チームが行った実験で
明らかになったんだけど(研究については⇒こちら


赤ちゃんが
大人から教えてもらうことを待ってるだけじゃない
というのがわかったというのが驚きですよね~。


やっぱりすごいよ、赤ちゃん!


赤ちゃんが指差しをした時は
教えてもらえることもある、ということで
赤ちゃんの指差しは、じっくりと観察してみたいし

もし教えてもらったら
「ありがとう~♪」って言いたいですね^^


早くしーちゃんが指さししてくれないかな~。

う~ん、すごく楽しみ!