赤ちゃんの斜視について!いつ頃からわかるものなの? 「うちのこ、斜視じゃないかな?」
と、気になることってありますよね。

特に赤ちゃんの時は
黒目が左右同じ位置にないかも、と
思うことが多いかも。


でも赤ちゃんは
生まれたばかりでは視点が定まっていませんし

月齢が低いと
斜視かどうかの判断はしにくいかもしれませんよね。


赤ちゃんが斜視って
いつ頃からわかるんでしょうね。

気になったので調べてみました。




スポンサードリンク





赤ちゃんの斜視とは?

斜視は、片方の目が
もう一方とは違う方向を向いている眼の状態のこと。

片方の目は
正常にものを見ているのに
もう片方の目はどこか違う方向を見ているふうに
外からは見えます。


その片方の目が向いている方向で
内斜視・外斜視と呼ばれているんですね。


目が鼻によっているのが内斜視で
反対に外側を向いているのが外斜視。


斜視というと
内側に目が寄っているものと考えていましたが
外斜視というのもあるんですね。

なるほど。


赤ちゃんの斜視やいつごろからわかるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは
目の位置が不安定なのは
視力や目を動かす筋肉が未熟なため。

視力や目を動かす筋肉が発達してくると
目の位置も安定してきます。

2,3ヶ月もすれば
赤ちゃんは目で物を追うようになりますが
この頃から斜視かどうかは判断つくのでしょうか?


月齢が低い頃は
内斜視の場合が多いそうで
成長とともに治っていくケースが多いそうです。


3~4ヶ月検診で
斜視かどうかのチェックがある
ので
とりあえずそこで斜視かどうかがわかりますね。



赤ちゃんの斜視はなんちゃって、とも考えられる

赤ちゃんには偽内斜視ということも考えられます。

偽内斜視は
内斜視のように見える状態のことです。

なんちゃって内斜視のことなんですね、つまり(笑)


赤ちゃんの顔は
鼻が低く目が離れがちなので
白目の部分が隠れて
黒目が内側に寄ってるように見えることが多いんです。

鼻をつまんでみると
両目とも黒目が真ん中にきているので
成長とともに気にならなくなってきます。



斜視の原因は
目を動かす筋肉や神経に何か問題があったり
遺伝、遠視、脳や体の病気など
いろんな原因が考えられて

中には
原因不明の場合もあるそうですよ。

斜視と診断されたお子さんを持つ方の
体験談を読んで思ったことは

斜視にはいろいろな原因があるので
定期健診で斜視と診断されたら
とりあえず一度
小児科または小児眼科を受診してみましょう。

斜視外来もあるので
もし子供の目に詳しい専門の先生がいたら
おすすめですね。