寒さが増してきて
ますます赤ちゃんの肌の乾燥やトラブルが気になる季節になってきましたが


自分で赤ちゃん向けのスキンケア商品を探しているせいか
いろんな商品が出てきていますよね。


ドルチボーレ ミルキーベビーローションは
赤ちゃんのスキンケア向けローション。


近々発売されるということで
どんな商品かチェックしてみました。

赤ちゃんの保湿ローションをお探しなら
参考にしてみてくださいね^^




スポンサードリンク





ドルチボーレ ミルキーベビーローションについて

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは
赤ちゃんの肌を乾燥などのトラブルから守るために誕生した
保湿ローションです。


赤ちゃんのデリケートな肌を考えて
非加熱天然水を使って作られている
健康な肌に欠かせない成分として注目されているケイ素を配合している
セラミドや天然保湿成分を配合している
馬油やシアバターを配合している

という特徴があります。

赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐには
水分や油分を補給する必要がありますが

成分を見ると
ミルキーベビーローションはそれを満たしていますよね。


それから
水からこだわりを持っているというところにも注目したいです。



8つの成分を無添加

赤ちゃんにつけるものは、できるだけマイルドで
刺激のあるものを避けたいところ。

ミルキーベビーローションは
・合成香料
・着色料
・鉱物油
・アルコール/エタノール
・パラベン
・旧表示指定成分
・フェノキシエタノール
・シリコーン

は入っていません。


ちなみにドルチボーレの公式サイト
ミルキーベビーローションの成分をチェックしてみました。

水、グリセリン、馬油、シア脂、パルミチン酸セチル、ペンチレングリコール、PCA-Na、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、ケイ酸Na、キサンタンガム、トコフェロール、マンダリンオレンジ果皮油、フィトスフィンゴシン、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、コレステロール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/ アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、ジグリセリン、ベヘニルアルコール、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、ポリ-ε-リシン



合成界面活性剤はまったく入っていないというわけではありませんが
表示が他の成分よりも後ろの方なので、できるかぎり抑えている
成分を見るとできるだけ刺激の少ないもので作ろう、と頑張ってる感はあります。



ミルキーベビーローションは家族も使える

赤ちゃんの保湿だけではなくて
敏感肌のママやパパの保湿ケア
子どもたちの乾燥肌対策にも使えるということで

家族みんなでスキンケアが
簡単にできそうです。




ミルキーベビーローションの発売は
11月20日。

すでに予約販売を受け付けていますし
初回購入限定で送料が無料になります。


興味があったらチェックしてみてくださいね。

詳しくはこちらから
↓↓


赤ちゃんの肌トラブル対策ベビーローション