11月23日に横浜市で開催された
赤ちゃんのハイハイレースで
601人が参加

ギネス新記録を達成したそうです!


ハイハイレースに601人、てすごいですよね!


どんなハイハイレースだったのでしょうか。
ついでにハイハイレースってどんなレースか興味が出たので
それについてもちょっと記事にしてみました♪




スポンサードリンク





今回ギネス記録を達成したのは
たまひよが主催する
「赤ちゃんはいはい競走でギネス世界記録にチャレンジ」
という、赤ちゃんのハイハイレース。


これまでの記録は
2014年に中国で達成された451人という記録でした。


今回601人が参加したということで
ギネス記録を大幅に塗り替えたことになりますね。



たまひよが宣伝した影響もありますが
にしてもすごい参加者数!

参加資格のある赤ちゃんは
生後6~1歳4ヶ月未満の赤ちゃん(2014年7月24日~2015年5月23日生まれ)で

まずブロック別に予選が行われ
勝ち抜いた赤ちゃんたちで準決勝、決勝と行われていきます。


予選からあるの?!

ハイハイレースというから
何かほのぼのしたものを想像していましたが…

なかなか本格的ですね(;・∀・)


赤ちゃんたちがハイハイする距離は3メートル。
その間ママたちは赤ちゃんを呼びかけるだけじゃなくて
お菓子やおもちゃをチラチラさせながら
赤ちゃんたちをゴールへ導きます。



今回のレースではないですが
ハイハイレースの様子を録画した動画を見つけたので
ちょっとご紹介しますね。



ママたち必死ですね^^;


こんなふうにレース行われるんですね。


なんかちょっとしたカルチャーショックみたいなのを受けてしまいました。



さて
今回のハイハイレースで優勝した赤ちゃんは
ギネス・ワールド・レコーズのサイトに名前が掲載されるそうですが
失格をしないで参加できた場合は
「ギネス世界記録公式参加認定書」に申し込むことができるそうです(有料)。



レースに参加した証がしっかり残る、という感じで
参加した赤ちゃんもママも、いい思い出が残ったのではないでしょうか。



赤ちゃんのハイハイレースは
全国各地で行われているようですね。

お近くの
赤ちゃん本舗や遊び施設などチェックしてみるといいかもしれません。