実は赤ちゃんの肌は乾燥しやすかった?!肌ケアはした方がいいの? 赤ちゃんの肌は
すべすべしててモッチモチ♪

というイメージが有るのですが
実はトラブルを受けやすい肌なんだそうです。


言われてみれば
ぶつぶつが出来たり
ガサガサに乾燥したりと

普通のイメージとは程遠く
肌トラブルに悩まされてるかも。


最近は
赤ちゃんもスキンケアを、と
よく耳にする用になりましたが
やっぱり赤ちゃんの頃からスキンケアしたほうがいいのかな?


とりあえず
赤ちゃんの肌の特徴を調べてから
スキンケアした方がいいのかどうか
考えてみることにしますね♪



スポンサードリンク





赤ちゃんの肌の特徴は?

赤ちゃんの肌にはどんな特徴があるのでしょうか。

調べてみたら
以外なことがいくつかわかりました!


赤ちゃんの肌は皮膚が薄い!

赤ちゃんの肌と大人の肌を比べると
赤ちゃんの肌は皮膚が薄く
皮下組織が厚い構造になっています。

skincare1 出典


下の図を見るとよくわかりますが
赤ちゃんの皮膚(表皮+真皮)は
大人の約半分くらい!


紫外線や外からの刺激に弱い!

表皮にある角質層は
紫外線や外からの刺激から
肌を守る働きをしますが

赤ちゃんの肌は
角質層が大人より薄いため
紫外線や外気の刺激に敏感で
ダメージを受けやすい肌なんです。


乾燥しやすい

赤ちゃんは生まれてから2~3ヶ月までは
ママのお腹の中にいるときの
ホルモンの影響を受けて
皮脂が多く分泌されます。


でも
それを過ぎると
皮脂の分泌量がガクンと落ちて
おでこ以外の部分は
肌が乾燥しやすくなっているんです。


肌の水分量がすくない!

先ほど
赤ちゃんの肌は角質層が薄い、といいましたが
水分をためておく角質層が薄いということは
水分が逃げやすい状態ということで
これも赤ちゃんの肌の乾燥につながっています。


実際に
赤ちゃんの肌の水分量は
大人の肌よりもずっと低いんです!

skincare2 出典


あ、ほんとだ∑(゚Д゚)ガーン


水分量が少ないので
赤ちゃんの肌は敏感で乾燥しやすく
アトピーや皮膚炎の原因につながると言われています。


汗をかきやすい!

赤ちゃんの汗腺数は、大人とほぼ同じ。

体の小さい赤ちゃんのほうが
大人よりも汗を多くかく、ということですね。

おまけに
赤ちゃんは新陳代謝が活発で
体温も高いので

あせもやかぶれといったトラブルも
引き起こしやすいんです。



赤ちゃんの肌の特徴を調べて
かなりガーンときてしまいました ∑(゚Д゚)ガーン


赤ちゃんの肌は
水分がいっぱいあって大丈夫♪
なんて思っていたのですが

全然違っていたのですね_| ̄|○


赤ちゃんが肌トラブルを起こしやすいということがよくわかりました。




赤ちゃんの肌ケアはした方がいいの?

赤ちゃんの肌は
大人よりも皮膚が薄く
デリケートな肌ということがよくわかりました。


じゃあ
スキンケアはやっぱりしたほうがいい?


毎日保湿をしたほうが
アトピーになりにくいという研究があったり

毎日保湿をしている赤ちゃんは
そうでない赤ちゃんよりも
肌の状態が安定している、という実験報告もあります。


それに
ベビーマッサージなど
赤ちゃんの肌ケアは
赤ちゃんとのスキンシップをとることもできて

いろんなメリットが有ります。


なので
わたしは自分の出来る範囲で
赤ちゃんのスキンケアはしていこう
と思います。


スキンケアをとおして
赤ちゃんとママが心身ともにハッピーになったら
それはそれでいいことですからね^^