赤ちゃんのインフルエンザ予防接種!費用など受ける前に知りたい4つのこと
赤ちゃんは大人よりも免疫力が未熟なので、インフルエンザにかかった場合、重症化する恐れがあるのが怖いですよね。

インフルエンザの予防接種は生後6ヶ月から受けられ、任意接種になります。
受ける時期は、遅くても12月ころまでということで


あら、後もう1ヶ月位しかない( ̄□ ̄;)!!


予防接種受けさせようと考えているけど、費用やアレルギー、他の予防接種との併用、効果の持続期間など、予防接種を受ける前に知っておきたい4つのことまとめてみました。


スポンサードリンク



1.赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の費用は?

インフルエンザの予防接種は、任意接種になるため、保険が適用されません。

そして、費用は全国一律ではなく、各医療機関で変わってきます。

予防接種の費用の平均は、1回およそ3000円。

赤ちゃんの場合2回接種する必要があるので、6000円ほどとみておいたほうがいいでしょう。


赤ちゃんは定期接種の対象ではありませんが、助成事業を行っている自治体もあるようですので、摂取前に問い合わせてみるといいですよ。



2.赤ちゃんが卵アレルギーの場合は受けられる?

インフルエンザのワクチンには、微量ですが、製造過程で卵の成分が入る可能性があります。

そうなんですよね~、ワクチンを作るときに、卵が使われているんです。


なので、卵アレルギーのある赤ちゃんは、予防接種を受けるとアレルギー反応を起こすことがあるので、注意が必要!


卵アレルギーがあるとわかってるなら、接種前に必ず医師と相談
もしあるかどうかわからない場合は、事前にアレルギーテストを受けましょう。


3.他の予防接種と同時接種は避けた方がいい?

インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンなので、他の予防接種と同時に行っても言いそうです。

でも、万が一を考えて気になるのでしたら、1週間ほどずらして受けるといいですよ^^



4.ワクチンの接種時期と効果持続期間

ワクチンは、接種後2,3週間して効き目が出てきて、その後4~5ヶ月ほど効果が持続すると言われています。

赤ちゃんの場合2回予防接種を受ける必要があり、2回目は、1回目から1~4週間ほど期間をあける必要があります。

12月の流行に合わせるなら、10月に1回、11月に1回、というのが理想的。

遅くても11月に1回受けて、12月の初旬に1回、としておいたほうが良さそうですね。





赤ちゃんの予防接種になると、あれこれ気になることが多いですよね。

どのお母さんもそうなので、もやもやをためないで、少しでも気になることがあったら、予防接種を受けようと思っている医療機関に相談してみましょう~。