赤ちゃんのアトピー予防には保湿剤が効果的!? ちょっとあせもみたいなぶつぶつが出来て心配
でも対応策を調べて安心ε-(´∀`*)ホッ

と思ったら
今度は赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が心配!


ほんと
悩みって付きませんね(;´Д`)


赤ちゃんがアトピーかどうかわかるって
だいたい生後4ヶ月くらいだそうです。


いったん痒みが出てしまうと
赤ちゃんも周りの家族も大変な思いをしてしまうので
できるなら予防しておきたいですよね。


アトピー予防には保湿剤が効果的
と聞きましたが、本当なの?



スポンサードリンク





保湿剤でアトピー発症減!

といっても
これはまだ研究段階なのですが
国立成育医療研究センターのグループが行った実験で明らかになりました。


この実験は
家族にアトピー患者のいる
生後間もない赤ちゃん118人を対象にして行われました。

赤ちゃんを2グループに分けて
ひとつのグループにはワセリンを乾燥している部分に

もう一つのグループには
薬局で販売されている保湿剤を全身に
毎日塗り続け、約8ヶ月間様子を見ました。


すると
ワセリンを塗ったグループよりも
保湿剤を塗ったグループのほうが
アトピー発症率が低く
発症のリスクは32%抑えられたということです。

保湿剤の効果は
皮膚を乾燥から守って
それがアトピー予防につながる
ようです。


家族にアトピー患者が1人いるだけで
赤ちゃんが発症するリスクは高くなるんですね(;´・ω・)
なので特にアトピー予防は必要かも。


保湿剤をいつから塗ったら予防できるのか
どんな保湿剤がアトピー予防にいいのか
というのはこれからの課題のようですが

赤ちゃんの肌が乾燥したら
赤ちゃん向けの保湿剤を塗るといいかもしれませんね。


そして
ただ塗るだけじゃなくて
ベビーマッサージをしながら塗るのも
赤ちゃんとのコミュニケーションが取れるし

アトピー予防だけじゃなくて
便秘解消とか
その他のケアも一緒にできちゃったり♪



赤ちゃんがアトピーになってしまったら?

アトピーは
皮膚が原因だけじゃなくて
食べ物からくるアレルギーという場合もあります。

なので
もし赤ちゃんがアトピーになってしまったら
まずは小児科またはアレルギー専門医のいる小児科で
診てもらうといいと思います。

そして
必要であれば皮膚科を受診してみてはどうでしょうか。


赤ちゃんのお肌のトラブルは
いろいろあって
心配にもなりますが

予防できることは予防してあげたいですね。