赤ちゃんのあせもは予防が一番!あ、できた時はどうすればいい(涙)?
顎の下をしきりにかくので
なんだろうと思って見たら
赤いぶつぶつがいっぱいΣ(゚Д゚)!


授乳中、アゴと首が密着して
そこが汗ばんでるな、と思っていたのですが


赤ちゃんてあっという間にあせもができてしまいますね(;´Д`)


不快そうにかくので
あせもできないように予防しておけばよかった><

と後悔する反面

できてしまったあせもはどうしたらいいだろう、と
焦ってしまいます。


赤ちゃんのあせもについて
予防方法と対処法まとめてみました。



スポンサードリンク





普段できる赤ちゃんのあせも対策は?

あせもの原因は汗です!

あせもは、汗が出てくる汗腺に汗がつまって起こる炎症なんですね。


赤ちゃんは小さい体に
大人並みの数の汗腺を持っている上
体温調節が未熟なので、汗の量が多く、あせもができやすいんですね。


普段からできるあせも対策は
・汗が出たらこまめに拭く
・授乳の時はママの腕と赤ちゃんの間にタオルを敷く
・厚着をさせない
・汗で下着が濡れたら取り替える
・汗がたくさん出たらシャワーでさっと流す
・毎日入浴する
・綿100%など汗を吸収しやすい素材の服を選ぶ
・エアコンを使って適温を保つ


といったところでしょうか。



うわっ、あせもが出てしまった!どうしたらいい?

あせもが出たらまず深呼吸!

痒がる赤ちゃんが気の毒になり
どうにかしてあげたいとパニックになりますが
まずはママが落ち着きましょう~。


赤ちゃんのあせもケアは
汗をかいたままにしない
汗が出たらすぐに拭き取る

というふうに、上で挙げた予防と同じです。


あせもで気をつけないといけないのは
赤ちゃんがかゆがってかきむしり、悪化してしまうこと。

赤ちゃんの爪を切ったり
場合によってはミトンをつけます。


頑張ってケアしても
あせもがなかなか治らない場合は
小児科や皮膚科を受診します。


また、あせもは赤い発疹だけではなく
白いブツブツが出るあせも(水晶様汗疹)もあります。

こちらはかゆみがでなく普通は自然に消えていきます。
ですが、悪化すると感染のおそれがあるので
こちらもなかなか治らない場合は診察を受けましょう。



こんなふうに、赤ちゃんのあせもの予防や対策はあるので
あせもができても落ち込んだり不安になったりする必要はないですよ^^

あせもをケアして
できるだけ快適に赤ちゃんと夏を過ごしてくださいね~♪