食事中にスプーンをわざと落とす

取ってあげる

また落とす

私疲れる

しーちゃん(12ヶ月)喜ぶ


これは成長だから仕方ないな~
と思っていたのですが

最近食べ物を投げたり
おもちゃを投げ始めました!


物が私にあたって
「痛い~(TдT)!」という私のリアクションを面白がったり


上の子達が悪ノリして
しーちゃんと一緒に物を投げたりして
それをすごく楽しんでるご様子(;´・ω・)


家の中ならいいけど
今度友だちと遊んだ時危ないですよね。


そろそろ「ダメ!」をいう時期かなあと思うのですが
なんでも投げるのをやめさせるにはどう教えるのがいいのでしょうか。




スポンサードリンク





赤ちゃんの興味をずらす

12ヶ月ころの赤ちゃんは
まだ言葉だけで理解することはできません。

なので
言ってきかせるというよりも

物を投げることに反応しないで
興味を他にずらすことが一番簡単かもしれません。


食べ物を投げ始めたら一旦食べることを中止する
「あ、これ飲んでみようか」と、他の食べ物に注意を向ける
投げようとするおもちゃを取って替わりに違うおもちゃをあげる
「こっちのほうが面白いよ」と、他のおもちゃで一緒に遊ぶ

というふうに。


この時期の赤ちゃんて
人の反応を面白がって物を投げたりすることもあれば

自分に興味を引くために
わざとママや兄弟におもちゃを投げることもあるそうです。

もしそれが理由なら、「ダメ」というよりも
一緒に遊んであげたほうが効きますよね。


どちらにしても悪意はないし
興味もコロコロ変わるので
まずはこの作戦(?)でいってみましょう~。



言葉と態度で「しちゃいけないよ」を示す

と言っても毎回そういうわけにはいきませんよね。

そういうときは
「しちゃいけないよ」ということを
赤ちゃんに教える必要があります。


赤ちゃんが物を投げたら
「いて~っ」と、ふざけないで

怖い雰囲気や表情を作って
じっと目を見ながら
「ダメだよ」としっかり言います。

「ダメ」の代わりに「痛いよ」でもいいですね。


初めはポカーンといしてるかもしれませんが
根気強く教えていくと
こちらの言うことを理解するようになります。


それか
赤ちゃんが物を投げてこちらに当たったら
やっぱり怖い表情をしながら
「痛いよ。痛いことする子とは遊ばないよ」と
赤ちゃんと遊ぶのをちょっとやめてみるとか。


この時期の赤ちゃんは
家族の行動をよく見て真似するので
子どもたちもおもちゃや食べ物を
大切に扱うようにするのも効果があるかもしれませんね。



こちらの伝えたい事がなかなか理解してもらえず
「う゛~」となることもあるかもしれませんが
少しずつ分かってくれるので
根気強く作戦(?)を実行していきましょう~^^;