赤ちゃんの肌は乾燥しやすい?スキンケアのポイントは? 「赤ちゃんのようなすべすべ肌に」
と、化粧品の宣伝によく使われるフレーズですが

赤ちゃんの肌って
実は大人より乾燥しやすかったり
カサカサしやすかったりするんですよね。


「赤ちゃんからスキンケアなんて…」と
ちょっと躊躇してしまうのですが
赤ちゃんのスキンケアのポイントについて


ベビー用品の老舗メーカー
ピジョンがアドバイスをしています。




スポンサードリンク





赤ちゃんのスキンケアで悩むママが9割

ピジョンが最近行った
赤ちゃんのスキンケアについてのアンケートの結果

どんなスキンケア商品を使っていいか悩む
と回答したママは、全体の91.2%でした。


赤ちゃんのスキンケア商品
いろいろと出てますよね。

赤ちゃんにつけるので
成分が心配だったり

このカサつきにはどの商品があうのか
考えてしまいますよね。


私もあれこれ考えすぎて
結局なにもせず、となってしまってますが^^;




赤ちゃんの肌の特徴

赤ちゃんにどんなスキンケアをするかは
赤ちゃんの肌の特徴を知って
何を補ってあげたらいいのか見たほうが良さそうですよね。


ということで
ピジョンの「ピジョンインフォ」では
赤ちゃんの肌の特徴を図解入りで説明しています。
⇒こちら

赤ちゃんの肌の特徴をまとめてみると
1.赤ちゃんの皮膚の角質層は大人の約半分
2.肌のバリア機能が未熟
3.大人よりも皮脂が少ない
4.汗や垢で皮膚が汚れやすい

になります。


水分が逃げやすくて外からの刺激を受けやすく
乾燥しやすかったり肌トラブルを起こしやすい特徴がある
ということがよくわかりますね。


ピジョンが提案する、スキンケアのポイントは?

こうした赤ちゃんの肌の特徴を考えて
ピジョンは赤ちゃんのスキンケアについてアドバイスしています。

簡単にまとめてみると
1.赤ちゃんの肌トラブルが起こる前に普段からスキンケアをする
2.スキンケアは月齢に関係なくしっかりと。特に生後3ヶ月からは
皮脂分泌が少なくなる
3.スキンケアのタイミングは、お風呂あがりやおむつ交換
食事や授乳のあとなど
4.スキンケア商品は低刺激で水分や油分を補給するものを


ということです。


デリケートでトラブルになりやすい赤ちゃんの肌を守るには
普段からスキンケアが必要なんですね~。


これからの季節は
肌が乾燥したり荒れやすくなるので
赤ちゃんの肌荒れ対策はしっかりしていきたいですね。