赤ちゃんのいびき、気になる。え、無呼吸症候群ってこともあるの?! 赤ちゃんでもいびきをかきますよね。


大人と同じように
「あ~、疲れているんだな」と
納得してしまうこともあるのですが


赤ちゃんがいびきをかくのにはいろいろな理由があって
中には無呼吸症候群と呼ばれている
注意が必要な場合もあるんです!


ということで
調べてみることにしました。




スポンサードリンク





赤ちゃんがいびきをかく理由は?

いびきは鼻の気道が狭くなったり
喉の粘膜が震えたりして音が出ます。

赤ちゃんの頃は鼻の発達が未熟なので
いびきをかきやすいと言われています。


また
赤ちゃんて、いつからいびきをかくんだろう?
と疑問に思うかもしれませんが

新生児の頃からいびきをかく赤ちゃんもいるということで
いびきは月齢が低い赤ちゃんでもかくんですね。


さて、赤ちゃんがいびきをかく原因ですが
赤ちゃんは鼻の発達が未熟な上
大人よりも喉が上に位置する
気道が狭いといった理由でもいびきがでます。

そうなんだ~、赤ちゃんの喉の構造は
いびきがでやすいんですね。

これは覚えておこうφ(..)メモメモ


○扁桃腺肥大
喉の奥にある扁桃腺が肥大していて起こります。

同じように
鼻の一番奥、喉に移行する部分にあるアデノイドが肥大していびきが出ることもありますが
これも赤ちゃんに多いそうです。

扁桃腺肥大は10歳をすぎると自然に小さくなっていくので
それとともにいびきもおさまっていくので
普通はそのままにしていますが
それまでいびきが気になったり、生活に支障が出たりすると
手術で取り除く場合もあります。


○鼻づまり
風邪を引いたりアレルギー性鼻炎などで鼻がつまり
口で呼吸するようになるといびきがでてきます。

大人でもそうですよね。


こういう場合は
鼻水をできるだけ取って鼻の通りを良くしたり
枕を高くして寝かせたり
普段から赤ちゃんのいる部屋を綺麗に保つ
といったことが対策になります。



注意が必要な赤ちゃんのいびきは?

鼻づまりや扁桃腺肥大の他に
赤ちゃんがいびきをかく原因があります。

それは無呼吸症候群と呼ばれるもので
アデノイド肥大や扁桃腺肥大が大きくなって気道を塞いでしまう
といったことが原因で起こります。


・呼吸が止まる⇒何秒か後に再び呼吸を始める
・呼吸が原因で夜泣きをしたり眠りが浅くなる
・いつも機嫌が悪い
・喉仏のあたりがへんこんでいる

といった症状があったら
病院で診察をうけるようにします。


無呼吸症候群は赤ちゃんだけじゃなくて
ママもゆっくり休めなくなりますよね。

呼吸が止まってしまったら大変なことなので
少しでも「おかしいな」と思ったら
すぐに診てもらうといいでしょう。


扁桃腺肥大が原因の無呼吸症候群であれば
手術で取るといった治療になります。


病院では症状を説明する必要があるので
普段からメモをしたり
スマホなどで赤ちゃんの様子を録画して
先生に見せるといいですよ。



赤ちゃんのいびきが気になって
病院に連れて行こうかどうか迷ったら
迷わず連れて行きましょう。


万が一、のことがありますし
ママもいびきの原因がわかれば安心しますよね。