【感動動画】超未熟児で生まれ、無事に1歳の誕生日を迎えた赤ちゃんの成長記録が泣ける
未熟児の中でもさらに体重が軽く
発育や病気のリスクが心配される超未熟児。

体重が1000グラム以下の赤ちゃんのことですが
動画に登場する赤ちゃんも

生まれた時はわずか650グラムしかない
超低出生体重児でした。


その赤ちゃんが1歳の誕生日を迎え
ママが記念にと投稿した動画が話題になっています。




スポンサードリンク





赤ちゃんの名前はジャックくん。


お母さんのメアリーさんは2014年9月24日
双子を妊娠していましたが、妊娠24週目で
ジャックくんとグレイソンくんを出産します。


ところがグレイソンくんは死産で
ジャックくんも身長センチ、体重わずか650グラムで
小さな命を一生懸命ともしていました。


ジャックくんはすぐにNICUに入り
懸命な治療を受けます。


動画は、NICUで治療を受けているジャックくんの様子から始まります。


お父さんの両手にすっぽり入るくらいの大きさのジャックくん。
すべてが小さくて壊れそう!

鼻に通されているチューブが痛々しいです。



メアリーさんがジャックくんをやっと抱っこできたのは
生後16日目のこと。


その後動画は
初めてジャックくんが目を開けた

初めてパパがジャックくんを抱っこした

初めておしゃぶりをした

ママが初めてジャックくんの体を洗った

初めて一人で呼吸をした

人工呼吸装置をつけたり外したりすることが続いた時期

パパが初めてジャックくんをお風呂に入れた

12月に入ってやっとミルクを飲んだこと

NICUで過ごしたクリスマス

という、節目節目と進んでいきます。

動画が進んでいくうちに
ジャックくんの成長が目に見えてわかって感動。・゚・(ノ∀`)・゚・。


そして
数々の涙と笑いを乗り越えて
生後111日目にしてようやく退院\(^o^)/


退院後は
月齢をますごとにふっくらと可愛い赤ちゃんに成長した
ジャックくんがとっても可愛いです♪


その動画はこちら
↓↓





しーちゃんは予定日より3週間早く生まれ
折れそうなほど細い足や小粒の体をだっこして
「大丈夫かなあ」と心配になったものですが

ジャックくんの場合はさらに小さいんですよね。

お父さんやお母さんは、どんな気持ちで過ごしたのか
本当に切なかったと思います。


でも
すくすくと成長したジャックくんを見ると
生命の神秘
医療技術の進歩や医療スタッフの努力
ジャックくんの両親の愛情の凄さを感じ得ずに入られません。


ジャックくんには
これからも元気いっぱいに育って欲しいですね^^