赤ちゃんのあせも、基本のケア!ひどかったり治らない場合はどうする? あ、赤ちゃんの首に赤いぶつぶつがいっぱい!


こんなにいっぱいでていると
すぐにどうにかしてあげたくなりますよね?


できてしまったあせも
いったいどうしたらいいの~?



自分でできる基本のケアから
あせもがひどくなって
治らない場合についてまで
調べてみました。



スポンサードリンク





自宅でできるあせものケア

あせもは
汗を分泌する汗腺に汗がたまって
炎症を起こしと出てくる赤いブツブツです。

できやすい場所は
首、おでこ、脇の下、背中
あとは手足にできるくぼみです。

あかちゃんて
首の周りとか手足とか
むっちりしていて

できるんですよね、くぼみが。

このムッチリは大好きなんですが(笑)
けっこう洗いにくいのも確か。

あせもができたら特に
念入りに拭きとってあげないとですね~。


基本のあせもケアは、「肌を清潔にすること」

朝晩シャワーで汗を流す
ベビーバスに入れる
それが大変なときは
濡らしたガーゼのハンカチで拭きとってあげるのも効果的。

寝ている間に背中がぐっしょり、という場合は
まめに着替えさせるか
背中にガーゼのハンカチを敷いて
それを濡れる度に替えるというのもいいと思います。

まあ
着ているウエアまでぐっしょり
という場合は、全部着替えさせないとですけどね^^;


外出中にもケアできるように
濡れタオルやガーゼ
着替えなどは必需品です。



汗ばまないように薄着をさせます。
夏は肌着1枚で十分ですし
布団も暑がるようだったら
かけないか、薄めの生地のものをかけてあげます。

冬でも暖房が効き過ぎると
あせもの原因になるので
暖房を弱めるか
今より薄着させるかして

赤ちゃんの体温調節を手伝ってあげましょう。


こんなかんじで
こまめにケアしていると
あせももだいぶ落ち着くと思います。


でも
時にはあせもが悪化して
なかなか治らないことも!


そんな時はどうしたらいいんでしょう( ;∀;)


あせもがなかなか治らない時は病院へ

マメにケアしても
あせもが治らなかったり

また
あせもにバイキンが入って化膿すると
「あせものより」という
うみをもったブツブツになります。

あせものよりは
直径1cmほどの大きさで
さわると痛がります。


こうなってしまったら
自力で治すのは大変なので
病院で診察を受けます。

非ステロイド性の塗り薬や
程度によっては飲み薬を処方されることもあります。



あせもができた状態も嫌ですが
ひどくなるともっと大変になるので

あせもは早めにケアしておいたほうがいいですね。


夏に限らず冬にもなることがあるというので
部屋を快適温度にしたり
厚着をさせないように気をつけていきたいですね~。