中古ベビー用品はお買い得!でも購入するときに気をつけることは? ベビーバスやベビーチェア
おもちゃなど、赤ちゃんの時に一時的に使うだけの
ベビー用品てたくさんありますよね。


中古ショップやオークションとかで見つけた時は
「あった~!」と、すごくうれしくなるのですが


中古のベビー用品で
赤ちゃんが思わぬけがをするケースが出ている
ということなんです。


中古品を買う前に
ぜひ気をつけたいことってあるんですね。




スポンサードリンク





リコール対象商品の可能性

中古品を買うときに気をつけたいのは
その商品の状態もそうなんですが

実はリコール対象になっている商品
中古品として販売されていることがあるんです。


子どもがベビーグッズで大怪我をして
救急受診を受け、あとからそれがリコール商品と分かった
ということもあるとか。



その商品がリコールや自主回収の対象となった時
メーカーからそれを購入した人にメールで通知されることが多いですが
それは新品を買って、メールリストに登録された場合の話ですよね。


中古で買った時は
当然知る由もありませんし


過去にリコールがあった商品は
いちいち覚えていないですよね(;・∀・)


「状態がいい!安い!」
だけでベビー用品を選んでしまうと
リコーリ商品を掴んでしまうこともある、ということです。




リコール商品かどうかをチェックするには?

そのベビー用品やおもちゃが
リコール対象かどうかというのは
消費者庁のリコール情報サイトで確認できます。
⇒消費者庁リコール情報サイト


見るとわかるのですが
リコール製品が予想以上に多くてびっくりしました!


ニュースなどで知って
なんとなく覚えていたのもあるけど

うわあ
ほんとうに色々あります!


子どもやお年寄り向けの製品で
リコール対象になっているものは
一覧で確認できますが


人気があったり
有名なメーカーのも
リコールになってることがあるんですよね~。

「中古だけど、このブランドだから大丈夫だわ♪」
と、なりがちですが

中古品で買う前に
情報サイトで確認しておいたほうがよさそうです。



消費者庁では
リコール情報をメールで知らせてくれるサービスもしていますので

気になったら
メールアドレスを登録して
メールを受け取るようにすると安心かも。



使えると思って買ってみたら
実はリコールでした、なんてがっかりしてしまいますよね。

ベビー用品やおもちゃなど
中古で買おうと考えているなら
リコールかどうか事前にチェックすることを
習慣にしておきたいです。