生後1ヶ月で発熱?!そんな時はどうしたらいいの? 月齢の低い赤ちゃんは
発熱することがほとんど無いと言われていますが

生後1ヶ月でも
38度以上の熱が出ることがあります。


ほとんど熱を出すことはないのに
でてしまったら

「なにか重大な病気になってるかも?!」
って考えますよね。


その可能性もあるので
一刻も早く病院に連れて行く必要があります。


その時になって
慌てないためにも
今からどうやって対応したらいいか
大事なことまとめてみたいと思います(・∀・)v



スポンサードリンク





新生児の発熱!どうする?

生後1ヶ月の赤ちゃんの体温は37度位。

大人よりやや高めなんですね~。


なので
「熱が出た!」という目安は
38度を超えた時、と覚えておきます。


38度を超えたら?

生後1ヶ月の赤ちゃんが
38度以上の熱を出したら

診察時間内外に関係なく
すぐに小児科に連絡しましょう!


おっぱいやミルクの飲みが悪い
ぐったりしている
不機嫌になりがち
いつもより元気が無い
吐く
呼吸が早い

といった赤ちゃんの変化が
発熱と一緒に出てくると思うので

赤ちゃんの様子を病院で詳しく伝えるためにも
赤ちゃんの様子はよく観察しておくといいと思います。


病院に行ったらどうなるの?

生後1ヶ月の赤ちゃんの場合
発熱の原因は、ウィルスによる感染が多いのですが

検査をするため
入院になることがほとんどです。


入院って…
こんな小さな赤ちゃんを…


って思いますよね(TдT)


ウィルス感染でどんな症状が出てるのか
それがインフルエンザだったり
中耳炎だったり尿路感染症だったり
髄膜炎だったりと

程度や症状も違ってきますし

それにもしかしたら
ウィルス感染以外の何かかも、ということもあるので

入院して
よく検査する必要があるんですね。


病院では
まず赤ちゃんを検診したり
白血球の数が増加しているかどうか調べたり
C反応性タンパク(CPR)の数値をみたりして

それで
重症の感染症が疑われたら
レントゲン検査、髄液検査、尿検査
などが行われるそうです。


なんかどんな検査をするか
聞いただけでも切なくなってきますよね。



原因がわかったら
それに合わせた治療が行われるわけですが

病院側の説明をよく聞いて
落ち着いて行動したいですね。



生後1ヶ月の赤ちゃんが発熱!

それだけでパニックになりがちですが

病院に向かったり
検査があったりと
いろいろとすることがあるので

だいたいの流れを知って
迅速に行動したいですね。


万が一を考えて
夜間でも診察を受け付けてくれる小児科の連絡先を控えておく
赤ちゃんの入院セットを準備しておく

といいと思います。


それから
ウィルス感染を防ぐためにも
手洗いやうがいをする、体を清潔にするなど
日頃から気をつけることは
気をつけておきたいですね。