離乳食タンパク質開始!自分で作った豆腐をすりつぶしてあげてみた しーちゃん(生後5ヶ月)に
10倍がゆに加えて
人参のすりつぶしをあげて
1週間ほど経ちました。


何も問題なく
美味しくごっくんしてくれるので
タンパク質の食材を追加して、次のステップに進むことに。


この時期に向いている
タンパク質の食材は
白身魚や豆腐のすりつぶしということで
豆腐から始めてみることにしたんですね~。

で、この機会にと
手作りすることにしました!


準備したことを中心にどうやって作ったかご紹介します♪





スポンサードリンク





そうだ、豆腐作っちゃお♪

イギリスでも豆腐はてにはいらないことはないですが
大豆の味ほとんどしないし
やっぱり保存料とかいろいろ入っていそうだし

赤ちゃんにはあげたくないかも。


あれ?
もしかしたら
豆腐って作れないかなあ?


ネットで調べたら

あらら
意外にも簡単に作れそうです!?


もしかしたら
私でも作れるかもしれない。


ということで
豆腐、作ってみることにしました^^



準備するもの

豆腐を作るには
いくつか準備するものがあります。

○ 手作り豆腐の作り方サイト
今回はこちらのサイトを参考にしました
⇒こちら

○ 大豆
tofu1
日本から取り寄せたものです。
1袋250gです。


○ にがり
tofu2
にがりにもいろいろ種類があるみたいですが
私が使ったのは、原液タイプのものです。


○ 温度計
tofu3
ちょうどいい温度でにがりを入れないと
うまくいかない、ということで
こちらも取り寄せました。

ちなみにこの温度計
後ろにくぼみがあって
鍋の脇にひっかけられるようになってます。
tofu4
温度計をずっと手に持つ必要がないので
便利ですよ^^


○ 豆腐手づくりセット
tofu5
豆腐作りに必要な
豆腐型とこし袋
それから豆腐型に敷く布がセットになってます
(豆腐の作り方についての説明書もついてます)。
tofu6

豆腐型は木製とも迷ったのですが
こちらの家は湿気が多いので
ステンレス製のにしました。


あとは
ボウルとか鍋とか水とかも必要になってきますが
必ずと言っていいほど家にあると思われるものなので
省略しますね。



手作り豆腐開始!

手作り豆腐の作り方の手順ですが
本当にまるっきり
上でご紹介したサイトと同じなので
そちらを参考にしてください。


ただ
使った大豆の量が1袋分(250g)なので
分量は少し変えたので書いておきますね。

【分量】
  • 大豆  250g

  • 大豆をつける水 1リットル

  • すりつぶした大豆を煮る水 1リットル

  • にがり  10~15ml

  • ぬるま湯 40mlくらい


大豆を1晩ふやかすのですが
冬場のせいか

24時間経っても
大豆は十分に水を吸いません(;´Д`)!

tofu7
大豆真ん中がくぼんでいますよね。
ここが平らになると、水を十分吸っている証拠なんです。


意外にも大豆が十分に水を吸うのは時間がかかりました(;・∀・)



結局それから6時間位して
豆腐作りを始めることが出来ましたよ。



そして
生まれて初めて自分で作った

おから~!!

tofu8

うわあ
真っ白!

き・れ・い~ ワォ!!(゚∀゚屮)屮


おからなんて
何年も食べてません。

は、早く卯の花にして
食べたいです~(笑)



そ、そして
これが豆乳!

tofu9

ちょっと湯気でぼわ~っとしてますが
こちらも生まれて初めて自分で作った豆乳です!

きれいな色~(*´∀`*)


おお~、
感動の波が押し寄せる~!



豆乳ににがりを入れて型に流し
固まるかどうかドキドキしながら待つこと約30分。




ついに
私の人生史上初
手作り豆腐の完成です(笑)!!
tofu10

ちょっと
でこぼこがあったりして
とてもお店で売るようなシロモノじゃありませんが


ちゃんと固まって
豆腐らしくなってます(爆)!!



ちょっと味見^^



う~ん
大豆の青臭さが気になりますが
まあ初めてにしてはいい出来ではないでしょうか。



早速出来た豆腐を少しとって茹で
すりつぶしてしーちゃんにあげると…



パクっと勢いよく言ってくれました。・゚・(ノ∀`)・゚・。!


今日は初めてということで
ひとさじで終わりにしますが

ペッって
吐き出さなくてよかったです^^;



どうなることかと思った豆腐作りでしたが
初めから大きな失敗もなく
無事に作ることが出来ました。


とりあえず
大豆以外の道具は
楽天市場で揃えることができたので
ご紹介しておきますね。